メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

福徳爺長慶廟

福徳爺長慶廟
 
長慶廟は台北市・古亭区における重要な民間信仰の廟である
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台北市中正区晉江街34号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 121.52179,25.02507
指定機関: 台北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

福徳爺長慶廟では、福徳爺を主神として祀っています。福徳爺は民間信仰における福徳正神で、一般には土地公と呼ばれている神様です。福徳爺に対する信仰は、台北古亭地域を開墾した漢民族にとって、土地がどれほど大切であったかを示しています。古亭は清代に泉州出身の閩南人が開いた集落ですが、戦後には客家人も移り住みました。今日では閩南人も客家人も同じように長慶廟の福徳正神を深く信仰しています。 福徳爺長慶廟は初めはガジュマルの樹の下に石を立てて祭壇としただけのものでした。現在このガジュマルは台北市の保護樹木となっています。廟の建物がいつ建てられたのかは不明ですが、廟には昭和11年(1936年)に立てられた「長慶廟改築費寄附者芳名」の碑があり、現在の正殿が建てられたのはその年であることがわかります。1983年には元々の廟に加えて、拝亭、鐘鼓楼、牌坊等が次々と建てられ、今日の姿となりました。

發展源流

主要特色


木彫り敷居窓彫りチフトゥアン炉
木彫り敷居窓彫りチフトゥアン炉
福徳爺長慶廟にある古い香炉は、寺院への信仰を目撃する重要な宗教的遺物です。
福徳爺長慶廟にある古い香炉は、寺院への信仰を目撃する重要な宗教的遺物です。
壁のプラグは石の彫刻の代わりにセメントを使用しており、台湾の寺院建設業者がセメント材料に精通していることを示しています
壁のプラグは石の彫刻の代わりにセメントを使用しており、台湾の寺院建設業者がセメント材料に精通していることを示しています
手描きのパターンで描かれたタイルは、伝統的な絵画とクロスメディアの職人技の組み合わせを完全に示しています
手描きのパターンで描かれたタイルは、伝統的な絵画とクロスメディアの職人技の組み合わせを完全に示しています
台北エリアは、北港古蹟など中南部の有名な媽祖を迎えるのに人気があり、福徳爺長慶廟の右側には世界中の媽祖の像が祀られています。
台北エリアは、北港古蹟など中南部の有名な媽祖を迎えるのに人気があり、福徳爺長慶廟の右側には世界中の媽祖の像が祀られています。
昭和11年に福徳爺長慶廟が改修され、当時の寄贈者の石碑が保存されています。
昭和11年に福徳爺長慶廟が改修され、当時の寄贈者の石碑が保存されています。
福徳正神に捧げられたメインホールは、1936年にオーバーホールされたときとほぼ同じです。
福徳正神に捧げられたメインホールは、1936年にオーバーホールされたときとほぼ同じです。
福徳爺長慶廟は保存されており、写真右の寺院と集落の住人との交流が見られます。寺院裏の古木は今も残っています。
福徳爺長慶廟は保存されており、写真右の寺院と集落の住人との交流が見られます。寺院裏の古木は今も残っています。
福徳爺長慶廟の主神は「福徳爺」であり、福徳爺は民間信仰における福徳正神で、一般には土地公と呼ばれている神様です
福徳爺長慶廟の主神は「福徳爺」であり、福徳爺は民間信仰における福徳正神で、一般には土地公と呼ばれている神様です

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點