メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
home

塩水蜂炮(行事・信仰)

世界十大祭りの一つ
塩水蜂炮(行事・信仰)
所在地: 台南市塩水区武廟里7隣武廟路87号
経 緯 度: 120.26579,23.32413
料金: 無料
利用できる日:
旧暦1月15日(元宵節)
利用できる時間帯:
全日
主催機関: 武廟管理委員会
関係機関のURL: リンク
E-mail: a6521264@yahoo.com.tw
お問い合わせ: (06)652-1264

景観の価値

日本語
日本語
疫病を追い払うために塩水武廟の関聖帝君の神輿を迎えて巡行したことに由来する民俗行事で、130年にも及ぶ歴史があります。当初から爆竹で神輿を迎えて神様への感謝を示すという形式が採られ、爆竹の製作が多様化するに伴い、第二次世界大戦後のロケット花火「蜂炮」の登場によって他の地区とは異なる塩水地区特有の祭典の形式が誕生しました。蜂炮で築いた「炮城」や多方向に蜂炮を打ち出す方法が生み出されたほか、信徒は炮城の造形に趣向を凝らすことで神様への敬意を表しています。塩水蜂炮は平渓天灯節と並ぶ台湾南北の二大元宵節行事として知られています。

歴史と沿革

日本語
日本語
塩水蜂炮の起源には、清の嘉慶帝の歓迎や互いに花火を打ち合う競技など諸説ありますが、最も一般的なものは、1885年に塩水地区で疫病が流行した際、武廟の関聖帝君に加護を祈願した住民たちによって1月13日から15日までの3日間神輿を迎えて巡行を行うことが決定され、信徒が神輿とともに巡行の道中で爆竹を鳴らして疫病神を驚かせて追い払ったことに由来する説であると言われています。硫黄の硝煙によって実際に疫病が排除されたため、その後、毎年元宵節に関聖帝君が巡行を行い、爆竹を鳴らして神輿を迎えることが風習となって、現在まで受け継がれています。爆竹の種類は、初期は「連珠炮」、第二次世界大戦終結(1945年)後は「蜂炮」が使用され、1980年以降は「炮城」が登場しました。古くから、多くの爆竹を鳴らせば鳴らすほど強い激励になると考えられていたことから、回を追うごとに規模が大きくなっていきました。激しい音と光の娯楽效果と観光的魅力によって「北天灯、南蜂炮」の名声が広まり、台湾の元宵節二大行事として知られているほか、北港犁炮、台東寒単炮と合わせて「台湾三大炮」とも並び称されています。近年では国際メディアの報道を通じて「世界三大民俗祭りの一つ」、「世界十大危険祭りの一つ」、「世界十大祭りの一つ」などの栄誉にも輝いています。

特色あるナビゲーショ

日本語
日本語
塩水蜂炮(行事・信仰)平面図で標示塩水蜂炮(行事・信仰)各ガイド項目、ガイド項目4ページ、詳しいコンテンツは下をご覧ください。
1炮城の製作

炮城の製作方法は、初期は簡単に複数の木の板を釘で留めて蜂炮を一方向または前後二方向に発射するものでしたが、後に山形鋼で台座を造った大型炮城へと徐々に発展を遂げてきました。内部はいくつかの層に分かれ、表面には蜂炮を挿し込んで発射方向を固定するための金網が敷かれ、様々な角度に発射できる設計が施されています。蜂炮は芯で繋がっており、その数は数千本から数万本、さらには十数万本に達するものもあり、中央に導火線が配置されています。外観は紙を貼り付けて様々な造形に仕上げられ、一度屋内に保管された後、神輿の巡行の際に取り出され、神様への感謝を示すべく点火されます。 炮城の製作大型炮城

2蜂炮の種類

かつて神輿を迎える際に鳴らされていた爆竹は安全な一般の連珠炮と花火でしたが、第二次世界大戦終結(1945年)後に紙製の弾頭のロケット花火「蜂炮」が登場しました。1984年になると造形のある炮城が製作されるようになり、蜂炮も紙製から音が激しく鳴り響くプラスチック製へと変化を遂げています。炮城の中の蜂炮が一斉に放たれる時、蜂炮の軌道に沿って夜空に光の筋が描かれるとともに爆音が鳴り続け、音と光が人々に大きな衝撃を与えます。

3ルートと日程

塩水蜂炮では伝統を受け継ぎ、人々の生活の安定を願って巡行する武廟の関聖帝君の神輿に向かって蜂炮が発射されます。もともとは元宵節当日のみ執り行われていましたが、長時間を要するため、後に巡行地区を2つに分け、旧暦1月14日午前から15日の深夜までの2日間に渡って執り行われるようになりました。おおよその巡行ルートは次の通りです。1月14日昼:武廟出発→旧岸内→牛稠仔→中庄→後寮→旧営→刺桐寮→観音坪→武廟。夜:武廟出発→土庫→竹圍仔尾→橋南老街→草店尾→武廟。1月15日昼:武廟出発→蔦松脚→武廟北側地区→武廟。夜:武廟出発→武廟路→三福路→大衆廟→中山路→中正路→伽藍廟→朝琴路→福安宮→点心城→月津橋→福南宮→武廟へ戻って終了。蜂炮を発射するルートは毎年事前の会議で決定され、巡行中に蜂炮の砲台を使用する家庭や店舗などは事前に登録が必要となります。神輿が玄関口に到着すると砲台を取り出し、赤い布を開いて砲台に貼り付けられた「恭祝 関聖帝君聖誕千秋」と書かれた赤い紙を剥がして、神様の前で金紙と一緒に燃やし、祈りを捧げた後、神様に蜂炮を受け取ってもらえるよう砲台に点火します。神輿は3進3退の動きでこれを受け取り、現場では大きな盛り上がりを見せます。
巡行

4参加前の準備

1984年以降、蜂炮の砲台には様々な造形が施されるようになり、蜂炮も紙製の弾頭のロケット花火からプラスチック製の弾頭の蜂炮に変化しており、発せられる音の大きさのみならず、危険性も増しているため、参加者は怪我をしないように防護装備の準備が必要です。頭部には顔まで覆うフルフェイスのヘルメットをかぶり、首にはスカーフやタオルを巻き、綿入れやデニムの上着、長ズボン、手袋、平底靴や運動靴を着用してください。溶けたり引火したりする恐れのあるレインコートなどの衣服は着用しないでください。
参加前の準備

ひとことアドバイス

神輿の巡行と蜂炮の発射は旧暦1月14日午前から15日深夜までの2日間にかけて行われます。一番の見どころは15日の夜で、完全防備された神輿の隊列について市街地を巡行すると、あちこちを飛び交う蜂炮と絶え間なく響く爆音が生み出す刺激的な場面を体験することができます。

周辺のデータ

気象
交通
宿泊
飲食
スポット