メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
home

新港水仙宮

台湾一美しい白の切妻を持つ寺院
新港水仙宮
所在地: 嘉義県新港郷南港村3隣旧南港58号
経 緯 度: 120.30880,23.56185
料金: 無料
利用できる日:
通年
利用できる時間帯:
午前6時~午後9時
主催機関: 水仙宮管理委員会
関係機関のURL: 
E-mail: 
お問い合わせ: (05)781-1751

景観の価値

日本語
日本語
清の乾隆、嘉慶、道光年間と第二次世界大戦終結(1945年)後初期の4つの年代の建築材料が当時のまま保存されています。立派な石彫り、美しい木彫り、精巧な木造りのほか、構造体にも様々な年代の手法が見られ、台湾の伝統寺院の歴史をひも解く上でも非常に貴重な寺院です。内部には1948年に実施された改修工事の際に泥塑の巨匠・江清露と色絵の巨匠・陳玉峰が共同で手がけた泥塑に色絵を施した作品が多数保存されており、全国でも稀に見る組み合わせとして知られています。また、当時陳玉峰が制作した門神の色絵は彼の遺作の中でも全国で最も保存状態が良好なものです。

歴史と沿革

日本語
日本語
明朝末期、移民が次々と笨港から台湾に上陸し、1739年、郊商(当時の貿易商)と船頭が航海の安全祈願のために水仙宮を建てて水仙尊王を祀り、1780年には貢生の林開周の提案で資金が集められ、増築が行われました。1803年、笨港渓(現在の北港渓)が氾濫して川の流れが変わったことで、笨港街が押し流され、そこにあった水仙宮とその北側の協天宮も押し流されてしまいました。1814年、水仙宮は笨南港(南港村の現所在地)に両進両廂式の寺院として再建されました。1848年、笨港渓両岸にある笨南港と笨北港の郊商の提案で募金が行われて水仙宮に後殿が増築され、協天宮の関帝君などがそこに移されて祀られました。それから100年の間、水仙宮では大規模な改修は行われず、そのままの外観が保たれ、1948年に募金が行われて旧観のままに前殿、後殿、忠義亭、治水亭などの改修工事が行われました。新港水仙宮は嘉義県で唯一国定古跡に指定されています。

特色あるナビゲーショ

日本語
日本語
新港水仙宮平面図で標示新港水仙宮各ガイド項目、ガイド項目5ページ、詳しいコンテンツは下をご覧ください。
1色絵を施した泥塑

水仙宮色絵を施した泥塑色絵を施した泥塑 水仙宮には1948年の改修当時の泥塑に色絵を施した作品が多数保存されています。正殿後方には唐朝の名将・郭子儀(698または697~781)の老後の豊かな生活を表現した作品「富貴図考」があり、大殿の脇には「忠心孝恩」、「神槍暗伝」、「轅門斬子」、そして剥離のためにまだらとなり、識別不可の作品1点があります。泥塑に色絵を施したこれらの作品は数十年の歳月の中で「塩害」による剥離が進んでいますが、それがかえって古い味わいを生み出しています。これらは名匠・江清露(1914~1994)が完成させた泥塑に色絵の巨匠・陳玉峰(1900~1964)が色付けをしたもので、全国でも水仙宮でのみ見られる組み合わせとして有名です。また、前過水廊の左右に見られる拾玉環、貂蝉嘆月、貴妃酔酒、送京娘の4つの美人図は、剥離が生じているものの今も絶世の美しい容姿をとどめています。

2「南極塁輝月」と「瑤姫献寿」の色絵

後殿両側の切妻には160年余りの歴史を持つ泥塑図「南極塁輝月」と「瑤姫献寿」があり、その繊細で美しい外観からは当時の繊細な絵画技術がうかがえます。

3廟門に施された門神の色絵

廟門に施された門神の色絵三川門の明間と左右の次間の計6つの門に施された門神の色絵は、色絵の巨匠・陳玉峰の遺作の中でも全国で最も保存状態のよいもので、門神は生気に満ち溢れており、威風堂々としながらも厳粛さを感じさせません。2009年にはドイツの著名な壁画修復職人を招いて復原式古跡修復法を用いて修復作業が行われ、台湾国内で初めて国際博物館級の方法で修復作業が行われた伝統的な廟門となりました。

4蟠龍の石柱

蟠龍の石柱蟠龍の石柱

正殿前にある一対の蟠龍の石柱は素朴な造形と簡潔な線の中に重厚感も併せ持っています。落款には1780年に笨港の貢生・林開周(生没年不詳)から寄贈されたことが記されており、水仙宮の落成の重要な証拠となっています。

5美しい切妻

水仙宮側面の切妻は三川門から前過水廊、拝殿、正殿、後過水廊、後殿にまで及び、燕の尾のように反り上がった燕尾脊、美しい曲線、そして幾重にも連なる層によって白の美しい切妻が形作られています。また、その下に配置された鳥踏(切妻の壁面に突出した水平の装飾)と相まって、この上ない視覚効果を生み出しています。

ひとことアドバイス

1948年の改修工事の際に後殿の両側の壁面に設けられた泥塑に色絵を施した作品「南極塁輝月」はお供え物に遮られているため、参観の際は係員までお申し出ください。また、廟内にある色絵の施された泥塑は塩害によって崩れやすくなっているため、手を触れないでください。

周辺のデータ

気象
交通
宿泊
飲食
スポット