メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

佳冬郷神社

佳冬郷神社
 
佳冬神社の本殿の前の四の鳥居
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 屏東県佳冬郷臺17線天后宮旁佳和路
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.56235,22.41180
指定機関: 屏東県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

屏東県佳冬郷神社は台湾の多くの神社と同様に、総督府の「一街庄一神社」(街庄は日本の町村に当たる)の政策に従って建設されました。昭和11年(1936年)に鎮座式が行われ、社格は無格社でした。佳冬に陸軍飛行場ができると、佳冬陸軍飛行場所属の神社ともなり、飛行場で働く将兵を宗教によって慰撫しました。 戦後、台湾の大部分の神社は取り壊されたり別の用途に使用されたりしていますが、佳冬神社も例外ではなく、今では参道は一般道路となり、周辺にも民家が建ち並んでいます。現在残るのは、2基の鳥居、神橋、石灯籠や本殿の基壇のみです。遺跡のみとはいえ、配置はおおむね当時のまま残されています。なお、神社本殿前にあった狛犬は、現在は国立佳冬高級農業職業学校内に保管されています。

發展源流

主要特色


土台近くの翡翠壁の廃墟では、翡翠壁が柵のように見え、本堂を囲み、神々と世俗の世界を区別するために使われています。
土台近くの翡翠壁の廃墟では、翡翠壁が柵のように見え、本堂を囲み、神々と世俗の世界を区別するために使われています。
本堂は破壊され、基地の残骸のみが残っており、残骸には元の翡翠の壁が設置されていた穴が見られます。 本堂前の眉犬は保存のため嘉東高農業学校に移されました
本堂は破壊され、基地の残骸のみが残っており、残骸には元の翡翠の壁が設置されていた穴が見られます。 本堂前の眉犬は保存のため嘉東高農業学校に移されました
本殿の土台はそのまま残されており、石で洗われたコンクリートの階段と石の土台は、カドン神社の本来の構成要素であり、上の4番目の鳥居は良好な状態です。
本殿の土台はそのまま残されており、石で洗われたコンクリートの階段と石の土台は、カドン神社の本来の構成要素であり、上の4番目の鳥居は良好な状態です。
カドン神社の鳥居は鉄筋コンクリート製で、表面は石洗い法で装飾されています
カドン神社の鳥居は鉄筋コンクリート製で、表面は石洗い法で装飾されています
佳冬郷神社の進入道路が通常道路になりました
佳冬郷神社の進入道路が通常道路になりました
道の隣にはオリジナルの石灯籠の土台があり、残りの石灯籠の構造は周囲の家の近くにあります。
道の隣にはオリジナルの石灯籠の土台があり、残りの石灯籠の構造は周囲の家の近くにあります。
神聖な橋は一般的な丸いアーチであり、橋の下の元の流水は現在溝になっています
神聖な橋は一般的な丸いアーチであり、橋の下の元の流水は現在溝になっています
最初の鳥居に入ると、聖なる橋が見えますが、見た目はそのままです。
最初の鳥居に入ると、聖なる橋が見えますが、見た目はそのままです。
カドン神社の最初の鳥居であり、道路の入り口である川路の脇に完全な鳥居があります
カドン神社の最初の鳥居であり、道路の入り口である川路の脇に完全な鳥居があります

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點