メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

西螺振文書院

西螺振文書院
 
西螺振文書院は雲林県境内最初の民間設立の書院であり、今に残る唯一の書院建築でもある
文化財分類: 史跡
所在地: 雲林県西螺鎮廣福里興農西路6号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.46449,23.79451
指定機関: 雲林県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

振文書院の前身は文昌帝君祠で、元々は地元の名士・廖澄河(生没年不詳)らの寄付により、清の嘉慶2年(1797年)に建てられました。清の嘉慶18年(1813年)、西螺振文詩社の王有成(生没年不詳)らが、地域において礼を明らかにし教育感化することが必要だと考え、廖澄河も積極的に協力して、翌年、振文書院が建てられました。振文書院設立の際には振文詩社も「千秋書祖」の扁額を寄贈しました。 雲林県西螺東南部に位置する振文書院は、設立以来、地元名士が優雅に詩文を詠み合う場として、また地域の学び舎として、西螺における最高学府の地位を誇りました。振文書院は教育だけでなく、社会教化の役割も果たしていました。アヘンが氾濫した清末には、鸞堂信仰(「扶鸞」と呼ばれる儀式を通して、神様と交信する台湾の民間信仰)の義孚社を設立して、アヘン中毒の回復を支援しました。 建物の改修はほぼ十数年に一回とかなり頻繁に行われています。最後の大規模改修は1999年の921地震の後に行われました。

發展源流

主要特色


アカデミーには1世紀前の井戸の頭があり、井戸水を使って線香の灰を混ぜて無害化するのが通例でした。
アカデミーには1世紀前の井戸の頭があり、井戸水を使って線香の灰を混ぜて無害化するのが通例でした。
本堂の本殿は文昌、孔子、倉頡の5つを祀っています。 本堂の犠牲スペースの上にある「バイダイウェンヘン」のプラークは1983年にコピーされたもので、オリジナルは破損して失われています
本堂の本殿は文昌、孔子、倉頡の5つを祀っています。 本堂の犠牲スペースの上にある「バイダイウェンヘン」のプラークは1983年にコピーされたもので、オリジナルは破損して失われています
本堂の屋根トラスはメロン5本の三方構造で、メロン管の形状は細く、Xidi風の特徴である「パパイヤ管」に似ています。 梁の下の支えとなる木は、文昌寺院やアカデミーの装飾的な特徴である「アオロン」です
本堂の屋根トラスはメロン5本の三方構造で、メロン管の形状は細く、Xidi風の特徴である「パパイヤ管」に似ています。 梁の下の支えとなる木は、文昌寺院やアカデミーの装飾的な特徴である「アオロン」です
香の事件は南天秀文源のイーデ支部によって提示され、その前身はジェンウェンユアンにあるイデタンでした
香の事件は南天秀文源のイーデ支部によって提示され、その前身はジェンウェンユアンにあるイデタンでした
礼拝堂の装飾は、しし座、中央堂、元光(曲がりくねった弓)など、個性が強く、すべて装飾が施されています。
礼拝堂の装飾は、しし座、中央堂、元光(曲がりくねった弓)など、個性が強く、すべて装飾が施されています。
清朝の嘉慶帝時代に鎮州源が完成したとき、鎮文会から贈られた「銭秋修津」の盾。
清朝の嘉慶帝時代に鎮州源が完成したとき、鎮文会から贈られた「銭秋修津」の盾。
書道パビリオンは、アカデミー建築に必要な施設であり、上部は、台湾の他の一般的なジンジパビリオンとは少し異なるアリ溝を模した装飾が施されています。
書道パビリオンは、アカデミー建築に必要な施設であり、上部は、台湾の他の一般的なジンジパビリオンとは少し異なるアリ溝を模した装飾が施されています。
門棟右口の扉枕石は清朝光緒時代の泉州白石を使用。
門棟右口の扉枕石は清朝光緒時代の泉州白石を使用。
メインリッジとゲートタワーの垂直リッジの装飾はシンプルです。メインリッジのドラゴンは粘土で、垂直リッジの妖精人形の胴体は粘土で、頭は陶器で作られています。 。
メインリッジとゲートタワーの垂直リッジの装飾はシンプルです。メインリッジのドラゴンは粘土で、垂直リッジの妖精人形の胴体は粘土で、頭は陶器で作られています。 。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點