メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

藍田書院

藍田書院
 
東向きの藍田書院は閩南式の三合院建築である
文化財分類: 史跡
所在地: 南投県南投市崇文里文昌街140号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.68446,23.90737
指定機関: 南投県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

藍田書院は文昌帝君を主神として祀っており、「文昌祠」とも呼ばれています。清の道光11年(1831年)に創建された藍田書院は「南投最初の学校」と言うことができ、南投県の文化や教育の発展に非常に大きな影響を与えてきました。藍田書院・草屯登瀛書院・集集明新書院は、南投県の三大古跡書院と称されています。「藍田書院」の「藍田」は「藍田種玉(仙人にもらった石を藍田に植えたところ玉に変わったという物語)」を意味しており、原石が美しい宝石になるように、また「青は藍より出でて藍より青し」ということわざのように、教育により優れた人材を輩出したいという願いが込められています。 創建時の配置は三進二廂式(平行した3棟、左右2棟)であったと考えられますが、幾度かの大規模改修や現在地への移転により、今の単進二廂式(中央1棟、左右2棟)の配置となりました。外壁で囲まれ、構造は壮大で見事です。配置は三合院式の対称形式に分類されます。殿内の精緻な木彫りの装飾や清代から伝わる古い扁額の数々は、歴史的にも重要です。

發展源流

主要特色


新築の門「チー西門」は南東の角にあり、一般の学院では珍しい工法です。
新築の門「チー西門」は南東の角にあり、一般の学院では珍しい工法です。
アカデミーのドアの多くは、青い背景に赤い肖像画や二行連句で非常に目を引くです
アカデミーのドアの多くは、青い背景に赤い肖像画や二行連句で非常に目を引くです
両側の月亮門を通って、後ろの「ジワタン」に行くことができます
両側の月亮門を通って、後ろの「ジワタン」に行くことができます
両側のサイドルームは、伝統的な積み上げトラスの木枠と昔ながらの土の家で作られています。
両側のサイドルームは、伝統的な積み上げトラスの木枠と昔ながらの土の家で作られています。
この交趾陶器の装飾画は、孫思邈(唐代の有名な医者、孫思邈)の最後の仕上げの物語です。
この交趾陶器の装飾画は、孫思邈(唐代の有名な医者、孫思邈)の最後の仕上げの物語です。
左の壁には「ドラゴンフェアリーウォーター」があり、中庭を美しくする機能があります。
左の壁には「ドラゴンフェアリーウォーター」があり、中庭を美しくする機能があります。
清朝道光帝22年(1842年)に黒地に金色の文字が描かれた「天俊恒」のプラークが作られ、清の同治帝3年目に黒地に金色の文字が描かれた「文明気象学」のプラークが作られました。王朝(1864)
清朝道光帝22年(1842年)に黒地に金色の文字が描かれた「天俊恒」のプラークが作られ、清の同治帝3年目に黒地に金色の文字が描かれた「文明気象学」のプラークが作られました。王朝(1864)
青地に金色の文字が描かれた藍田書院の銘板は、清王朝の道光帝13年(西暦1833年)に制作されました。真ん中は、4つの活気のあるフォントを備えた楷書体「藍田書院」です。ドラゴンの装飾下部の頭も非常に目を引くです。
青地に金色の文字が描かれた藍田書院の銘板は、清王朝の道光帝13年(西暦1833年)に制作されました。真ん中は、4つの活気のあるフォントを備えた楷書体「藍田書院」です。ドラゴンの装飾下部の頭も非常に目を引くです。
ランティアンカレッジの入り口にはセメントで造られた奇仙門があり、この門は悪を打ち破り、悪を回避する機能を持っており、一般の大学や寺院では珍しい建物です。
ランティアンカレッジの入り口にはセメントで造られた奇仙門があり、この門は悪を打ち破り、悪を回避する機能を持っており、一般の大学や寺院では珍しい建物です。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點