メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

明新書院

明新書院
 
明新書院の建物は、3部屋、シングルエントリー、護龍(左右の建物)が2つ三合院建築です
文化財分類: 史跡
所在地: 南投県集集鎮永昌里東昌巷4号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.79963,23.82753
指定機関: 南投県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

明新書院は南投県集集鎮にあります。清の光緒年間の創建で、藍田書院、登瀛書院とともに南投三大書院に数えられています。現在は集集鎮の重要な観光スポットの一つであるとともに、教育、文化、宗教等の面でも重要な場所となっています。 明新書院の全体的な建物の配置はシンプルで、質素な木造の骨組みと慎ましやかな木彫からなっています。石彫はほとんどなく、あっても落ち着いたものです。このことは、慎ましさを美徳とする書院文化の表れと言えるでしょう。講堂は長方形で、奥行きが12.8メートル、左右にはそれぞれ廂房があり、廂房と講堂は過水(廊下)でつながっています。かつて朗々と書を読む声が響き、地域に優れた人材を輩出した書院は、時代の移り変わりとともにその役割を終え、文昌帝君を祀る文廟として、文化と歴史のともしびを後世に受け継いでいます。

發展源流

主要特色


候補者たちは、壁一面に飾られた金メダルを祝福してくれたウェンチャン皇帝に感謝しました
候補者たちは、壁一面に飾られた金メダルを祝福してくれたウェンチャン皇帝に感謝しました
候補者は文昌天皇の保護と入学成功後の感謝状を祈る
候補者は文昌天皇の保護と入学成功後の感謝状を祈る
本堂の最上階には、清朝の光緒帝から授与された「マスター・ウェンヘン」と題された銘板があり、「学院」と名付けられ、実際には「楚江」と呼ばれ、歴史的に深い意味を持っています。
本堂の最上階には、清朝の光緒帝から授与された「マスター・ウェンヘン」と題された銘板があり、「学院」と名付けられ、実際には「楚江」と呼ばれ、歴史的に深い意味を持っています。
趙壁はユニコーンで飾られ、ひょうたんとペンは祝福と文化的運命を表すために使用されます。
趙壁はユニコーンで飾られ、ひょうたんとペンは祝福と文化的運命を表すために使用されます。
明新書院の左翼の部屋は、現在、多くの初期の農具を集めて展示しています。
明新書院の左翼の部屋は、現在、多くの初期の農具を集めて展示しています。
廊下のメインホールにつながるアーチには、「スヴェン」の水平方向のバッチがあります
廊下のメインホールにつながるアーチには、「スヴェン」の水平方向のバッチがあります
本堂の屋上背骨には、ユニコーンを運転する少年が飾られており、両サイドに龍が左右対称で鮮やかな表情を浮かべ、リアルな姿を見せています。
本堂の屋上背骨には、ユニコーンを運転する少年が飾られており、両サイドに龍が左右対称で鮮やかな表情を浮かべ、リアルな姿を見せています。
本堂前の礼拝パビリオンの上にある組物と獅子のパビリオン。
本堂前の礼拝パビリオンの上にある組物と獅子のパビリオン。
文昌皇帝に捧げられたアカデミーの神社のパノラマビュー
文昌皇帝に捧げられたアカデミーの神社のパノラマビュー

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點