メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

興賢書院

興賢書院
 
興賢書院の建物は、3部屋に庭が2つ、護龍(左右の建物)が2つと拝亭(拝殿)を持つ三合院建築です
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県員林市三民街1号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.57467,23.95842
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

興賢書院は員林文昌祠とも呼ばれ、前身は文昌祠内に設けられた興賢社という学校です。「興賢」は「文教を興し、賢才を育てる」という言葉から取られています。興賢書院は員林地区で最初にできた教育施設で、清の嘉慶12年(1807年)に当時の武東堡、武西堡、燕霧下堡一帯の地元名士が協力して建設したものです。2000年に再建が始まり2005年に完工し、貴重な書院の旧跡が、かつての輝きを取り戻しました。 興賢書院の建物は、3部屋に中庭が2つ、護龍(左右の建物)が2つと拝亭(拝殿)を持つ三合院建築です。特徴的な建築様式で、正殿は珍しい双連山牆式の大木構造になっており、奥に広い空間を可能にしています。その様式の壮大さは、一般の書院とは比較になりません。正殿や拝殿内部の木彫や彩色画も非常に重要なものです。たとえば、前歩廊の軒廊には木彫りの獅座の立体像があります。獅子の力強い造形や生き生きした表情は、見る者に強い印象を与えます。

發展源流

主要特色


古代人は書道の紙を大切にしていました。テキストのある古紙は恣意的に捨てることはできず、敬聖亭パビリオンで焼却する必要があります。
古代人は書道の紙を大切にしていました。テキストのある古紙は恣意的に捨てることはできず、敬聖亭パビリオンで焼却する必要があります。
庇の木造の装飾は精巧に作られ、特にその上のライオンの座席は目を引く。
庇の木造の装飾は精巧に作られ、特にその上のライオンの座席は目を引く。
奥のホールに聖人会館があり、ホールには孔子の像が祀られています。装飾はとてもシンプルでシンプルです。
奥のホールに聖人会館があり、ホールには孔子の像が祀られています。装飾はとてもシンプルでシンプルです。
本堂は3本のリンクと5本のメロンのフレームで、木の柱と梁の接合部にある魚の木彫りは「傑出した」という意味を持っています。
本堂は3本のリンクと5本のメロンのフレームで、木の柱と梁の接合部にある魚の木彫りは「傑出した」という意味を持っています。
本堂の梁には、学院教授の林天寿が書いた「瑠璃梁堂」と題された銘板があり、学院の重要な遺物の一つです。
本堂の梁には、学院教授の林天寿が書いた「瑠璃梁堂」と題された銘板があり、学院の重要な遺物の一つです。
本堂の奥の壁には、昔の文人の心と誠実さの象徴である月の丸い竹の窓があります。
本堂の奥の壁には、昔の文人の心と誠実さの象徴である月の丸い竹の窓があります。
興賢書院のマスターは、文昌帝君を崇拝します。毎年クリスマスに、文昌帝君は道教のエチケットに従い、豆の3つの献身の儀式で祝います。
興賢書院のマスターは、文昌帝君を崇拝します。毎年クリスマスに、文昌帝君は道教のエチケットに従い、豆の3つの献身の儀式で祝います。
アカデミーのプラットホームの前には、花崗岩で彫られた龍の形をした皇帝の道の石が勢いよく勢いを増しています。
アカデミーのプラットホームの前には、花崗岩で彫られた龍の形をした皇帝の道の石が勢いよく勢いを増しています。
本堂のまぐさの上には、繊細な彫刻技法が施された「興賢書院」の飾り板があります。
本堂のまぐさの上には、繊細な彫刻技法が施された「興賢書院」の飾り板があります。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點