メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

関西太和宮

関西太和宮
 
関西太和宮は三界廟とも呼ばれ、三官大帝(天官、地官、水官)を主神として祀っている
文化財分類: 史跡
所在地: 新竹県関西鎮大同路30号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 121.17704,24.79089
指定機関: 新竹県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

新竹県の関西太和宮は三界廟とも呼ばれ、三官大帝(天官、地官、水官)を主神として祀っています。清の嘉慶17年(1812年)ごろの創建とされており、当初は復興庄(今の関西鎮、清の乾隆年間には美里庄と呼ばれた)鹹菜甕街にありましたが、その後何度も移転を繰り返し、日本統治時代の昭和時代に現在の場所に落ち着きました。 関西太和宮は二殿二廊二横(中央2棟、回廊2本、左右2棟)の配置で、横屋と呼ばれる左右の建物には鐘鼓楼が建っています。三川殿の明間(中央の部屋)は仮四垂(屋根の上に小さな屋根を重ねた様式)となっています。特に木造部分は、新竹県の廟でなかなか見られない傑作です。三川殿の檐廊(軒下の通路)の上方の横梁の間にある斗拱(組物)、吊筒(短い筒状の装飾)、藻井(天井の装飾)、通随(梁の装飾)などは芸術的にも素晴らしいものです。また、大殿の木造部分では、通梁(柱の間の横梁)の間に一つ一つ組み上がっている計心造や偸心造の斗拱(組物)が、廟をより荘厳で華やかにしています。

發展源流

主要特色


大河宮の粘土彫刻の装飾も芸術的価値の高い文化的遺物です
大河宮の粘土彫刻の装飾も芸術的価値の高い文化的遺物です
大河宮の木彫りは素晴らしく、有名な職人許晴(1876-1950 AD)の作品です。
大河宮の木彫りは素晴らしく、有名な職人許晴(1876-1950 AD)の作品です。
最高の調和の宮殿の主は、天の役人、土地の役人、水の役人の3人の役人を犠牲にします
最高の調和の宮殿の主は、天の役人、土地の役人、水の役人の3人の役人を犠牲にします
石の彫刻の一部は江明水(生年と死年は不明)によって作られています。龍の柱の彫り方と勢いから、厳密な構図が見られます。平龍の頭尾と体の部分が彫られています。レイヤーごとに、並外れた技術的成果を示しています。
石の彫刻の一部は江明水(生年と死年は不明)によって作られています。龍の柱の彫り方と勢いから、厳密な構図が見られます。平龍の頭尾と体の部分が彫られています。レイヤーごとに、並外れた技術的成果を示しています。
三川堂の交趾陶器は、職人八尾志来(1911-2007)の作品で、題名は「天仙配」。
三川堂の交趾陶器は、職人八尾志来(1911-2007)の作品で、題名は「天仙配」。
風明台は神々に報いるための舞台で、壁には孔雀や牡丹の絵が描かれ、屋根の上には不滅の風、呂、翔の三人と色とりどりの花や獣が描かれています。
風明台は神々に報いるための舞台で、壁には孔雀や牡丹の絵が描かれ、屋根の上には不滅の風、呂、翔の三人と色とりどりの花や獣が描かれています。
太和殿の層は、絶妙な木造建築技術の特徴を示しています
太和殿の層は、絶妙な木造建築技術の特徴を示しています
太和殿の盾は非常に素晴らしく、太和殿は関西地方で最も早く、最も重要な信仰の中心です。
太和殿の盾は非常に素晴らしく、太和殿は関西地方で最も早く、最も重要な信仰の中心です。
太和殿の正面玄関の尾根にあるダブルドラゴンは、ビーズで飾られ、カットされ、接着されており、当時のスタイルを反映しています。
太和殿の正面玄関の尾根にあるダブルドラゴンは、ビーズで飾られ、カットされ、接着されており、当時のスタイルを反映しています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點