メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

寒渓神社遺跡

寒渓神社遺跡
 
遺跡の両側にそれぞれ石灯籠の台座が残っている
文化財分類: 史跡
所在地: 宜蘭県大同郷寒溪巷16号寒溪國小後方山坡上
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.68751,24.60900
指定機関: 宜蘭県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

日本統治時代の前期、第7代総督で最後の武官総督であった明石元二郎(1864-1919年)の代を境に、総督府はほぼ全面的に原住民地域を掌握しました。それ以降、総督府は大規模な原住民の蜂起を避けるために飴と鞭の統治に転換していきました。大量の警察を投入する一方、教育や宗教を通じた社会教化にも力を入れました。寒渓神社はこのような懐柔・教化政策から生まれたものです。 終戦後、寒渓神社は次第に荒廃していき、建物も倒壊し、石灯籠や基礎の部分などの遺構だけが残されました。その後、2000年代に地元の住民が遺跡の基礎を基に、遊歩道を整備し、現在の姿になりました。

發展源流

主要特色


本堂周辺の石灯籠は平安神宮のもので、台湾では四角柱灯籠が一般的で、文字が消されています。
本堂周辺の石灯籠は平安神宮のもので、台湾では四角柱灯籠が一般的で、文字が消されています。
神社の横には、神社の前に「誓いの石碑」があり、昭和12年(1937)に建てられました。この石碑の誓いは、日本人の下の部族の「社会的改善」を強調しています。植民地体制。
神社の横には、神社の前に「誓いの石碑」があり、昭和12年(1937)に建てられました。この石碑の誓いは、日本人の下の部族の「社会的改善」を強調しています。植民地体制。
半慶神社の遺物はまだ残っていますが、本殿は姿を消し、破壊日は不明です。
半慶神社の遺物はまだ残っていますが、本殿は姿を消し、破壊日は不明です。
阪慶神社が建立された石版には「昭和8年11月」と刻印されており、主に天照大神と白鹿川野久王子に捧げられています。
阪慶神社が建立された石版には「昭和8年11月」と刻印されており、主に天照大神と白鹿川野久王子に捧げられています。
神社の参拝所の隣には、先住民が銃器の使用をやめて日本の統治に戻ったことを象徴する「銃狩りの消失」の記念碑があります。
神社の参拝所の隣には、先住民が銃器の使用をやめて日本の統治に戻ったことを象徴する「銃狩りの消失」の記念碑があります。
本殿に向かう途中、四角い石灯籠の土台が残っており、上の灯籠は無くなっています。
本殿に向かう途中、四角い石灯籠の土台が残っており、上の灯籠は無くなっています。
神社前の石段には鳥居があるはずだったが、もう存在しない
神社前の石段には鳥居があるはずだったが、もう存在しない
半慶神社跡に入る前に、手や体を洗うために訪れる人々のための石の流し(手洗いの家)があります。
半慶神社跡に入る前に、手や体を洗うために訪れる人々のための石の流し(手洗いの家)があります。
ハンケイ小学校の前身は、日本時代のハンケイ坂東教育センターで、その上の丘の中腹にハンケイ神社があります。
ハンケイ小学校の前身は、日本時代のハンケイ坂東教育センターで、その上の丘の中腹にハンケイ神社があります。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點