メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

永康三崁店糖廠神社遺跡

永康三崁店糖廠神社遺跡
 
両側にあるのは石灯籠の台座
文化財分類: 史跡
所在地: 台南市永康区仁愛街與三民街交界(三民街79巷)
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.24483,23.05469
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

日本統治時代に台湾糖業三崁店製糖所によって神社が建てられ、北白川宮能久親王(1847-1895年)、天照大神、豊受大神が祀られていました。戦後、本殿は郵便局に建て替えられ、当時この辺りでは唯一の郵便局として、製糖所の人々や近隣住民によく利用されました。 永康三崁店神社は日本統治時代に台湾糖業三崁店製糖所の敷地にある神社で、神社本体の建物は残っていませんが、本殿、手水舎、石灯等の石造りの基礎は残されており、台南では数少ない、現存する神社跡です。 並木道がまっすぐ続く製糖所のメイン通りは、工場への出入口であるだけでなく、神聖な空間への出入口らしい厳かな雰囲気を感じさせます。また、この秘境に生息する貴重なツウロウアオガエルを撮影にやってくる自然写真家も少なくありません。

發展源流

主要特色


鳥居の礎石である礎石の機能は、鳥居と地面の木造構造物の湿気を遮断することです。原理は、伝統的な漢文化の建物の柱ビーズと同じです。
鳥居の礎石である礎石の機能は、鳥居と地面の木造構造物の湿気を遮断することです。原理は、伝統的な漢文化の建物の柱ビーズと同じです。
神社の根元にある穴は、神社の主要な木造の柱から残っています。
神社の根元にある穴は、神社の主要な木造の柱から残っています。
防空壕は、第二次世界大戦中の米国の空襲を回避するための製糖工場の従業員の避難所でした。
防空壕は、第二次世界大戦中の米国の空襲を回避するための製糖工場の従業員の避難所でした。
サンカンディアン製糖工場神社跡前の手水屋
サンカンディアン製糖工場神社跡前の手水屋
元の神社の土台で、今では洗石で覆われた部分だけが残っています
元の神社の土台で、今では洗石で覆われた部分だけが残っています
煙のような煙のような草に隠され、ため息をついているサンカンディアンシュガーファクトリー神社のベースのクローズアップビュー
煙のような煙のような草に隠され、ため息をついているサンカンディアンシュガーファクトリー神社のベースのクローズアップビュー
神社を囲む手すりは神々の境目である湯垣と呼ばれ、煙草に埋もれており、注意深く見ないと無視しがちです。
神社を囲む手すりは神々の境目である湯垣と呼ばれ、煙草に埋もれており、注意深く見ないと無視しがちです。
森の中に隠された神社跡は、製糖工場の発展を目の当たりにしているが、何年にもわたる激流から逃れられず、次第に忘れられていく
森の中に隠された神社跡は、製糖工場の発展を目の当たりにしているが、何年にもわたる激流から逃れられず、次第に忘れられていく
永康三崁店製糖工場の入り口には、かつて栄えた三崁店神社は想像もつきません。
永康三崁店製糖工場の入り口には、かつて栄えた三崁店神社は想像もつきません。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點