メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

路思義教堂

路思義教堂
 
東海大学のランドマークであり、台湾におけるモダニズム建築のベンチマーク
文化財分類: 史跡
所在地: 台中市西屯区台湾大道4段1727号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.60049,24.17883
指定機関: 台中市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

路思義教堂(ルース・チャペル)は、アメリカの『TIME』誌、『Life』誌などを創設したヘンリー・R・ルース(Henry R. Luce、1898-1967年)により、キリスト教の福音を伝え、父の宣教師ヘンリー・W・ルース(Henry W. Luce、1868-1941年)を記念するため、資金を出して1963年に建設されました。 有名な建築家のイオ・ミン・ペイ(Ieoh Ming Pei、1917-2019年)が指揮を執り、同じく建築家の陳其寛(1921-2007年)が教会堂の設計とその後のことを、張肇康(1922-1992年)が2期工事を担当しました。台湾における鉄筋コンクリートシェル構造の名建築で、モダニズム建築のシンボルともなっています。 東海大学キャンパスの中にあって、キャンパスに溶け込んだ路思義教堂は、その建築技術を声高に主張することはありませんが、その構造や建築手法は傑出しており、また、当時建築物資の不足のなか、台湾戦後初期の建築における最高の模範となりました。

發展源流

主要特色


中心軸から遠くにラックス教会を見ると、周囲の環境と溶け込んでおり、東海大学の複合ビル内に独自の空があります。
中心軸から遠くにラックス教会を見ると、周囲の環境と溶け込んでおり、東海大学の複合ビル内に独自の空があります。
祭壇(表彰台)の中央に金色の十字架があります。日曜日の朝はいつでも、朝の10時頃に真ん中の窓から十字架に太陽が輝いています。
祭壇(表彰台)の中央に金色の十字架があります。日曜日の朝はいつでも、朝の10時頃に真ん中の窓から十字架に太陽が輝いています。
鐘楼はルーシー教会の真正面にあります。ブロンズの鐘は1883年に鋳造され、「ここに来てください」という文字が付けられています。中国語の意味は「それを聞いた人は誰でも来る」です。台中市の史跡。
鐘楼はルーシー教会の真正面にあります。ブロンズの鐘は1883年に鋳造され、「ここに来てください」という文字が付けられています。中国語の意味は「それを聞いた人は誰でも来る」です。台中市の史跡。
ルセイ教会の内部には梁、柱、尾根がなく、宗教的な建物の荘厳さを示すために大きなスパンが使用されています。曲面が接続されている尾根は天窓に置き換えられていません。チェン・キクアンはそれを「線」と呼びました。空の」
ルセイ教会の内部には梁、柱、尾根がなく、宗教的な建物の荘厳さを示すために大きなスパンが使用されています。曲面が接続されている尾根は天窓に置き換えられていません。チェン・キクアンはそれを「線」と呼びました。空の」
構造技術者鳳後三(1919-1983)は、格子梁構造を使用して多くのコンクリートを節約し、軽量化して4つの湾曲した壁を維持し、湾曲した壁の内側をくり抜いた。
構造技術者鳳後三(1919-1983)は、格子梁構造を使用して多くのコンクリートを節約し、軽量化して4つの湾曲した壁を維持し、湾曲した壁の内側をくり抜いた。
ルセイ教会の入り口、座席通路の端は祭壇(表彰台)で、大きなオープンガラスの表と裏は左右対称で、光は美しいです
ルセイ教会の入り口、座席通路の端は祭壇(表彰台)で、大きなオープンガラスの表と裏は左右対称で、光は美しいです
外側は黄色のひし形の釉薬瓦で覆われており、天と地の青と緑とは対照的です。ひし形は内部の格子梁構造も反映しています。
外側は黄色のひし形の釉薬瓦で覆われており、天と地の青と緑とは対照的です。ひし形は内部の格子梁構造も反映しています。
教会の裏側の2つの曲面は表側よりも高く重なり合っており、裏側の高い部分は内部の祭壇の位置でもあり、その重要な状態を外観で表現することもできます。
教会の裏側の2つの曲面は表側よりも高く重なり合っており、裏側の高い部分は内部の祭壇の位置でもあり、その重要な状態を外観で表現することもできます。
ルーシー教会は、両側に4つの湾曲した壁があり、上向きに収束して美しい放物線になっています。
ルーシー教会は、両側に4つの湾曲した壁があり、上向きに収束して美しい放物線になっています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點