メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

明志書院

明志書院
 
明志書院は母屋及び庭が保存されており、閩南式レンガ建築の特徴が残される
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 新北市泰山区明志路2段276号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 121.42658,25.04699
指定機関: 新北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の雍正年間から乾隆年間にかけて、新荘平野は急速に発展し、人口も急増しました。当時、福建省汀州永定出身の客家人、胡焯猷(1693-?年)は、林作哲や胡習隆(生没年不詳)らとともに「胡林隆墾号」(「墾号」とは清の開拓許可のこと)を共同設立して、興直堡(現在の新北市五股区・泰山区・新荘区)一帯を開拓しました。胡焯猷は、商業で成功し、また慈善活動にも積極的に取り組みました。当時、興直堡一帯には教育の場がなく、学問をするには新竹や彰化まで行くよりほかありませんでした。その状況をたいそう不便に感じた彼は、清の乾隆28年(1763年)巨額の私財と80甲(≒80ヘクタール)の土地を寄付して義学を開き、名の知れた教師を招いて教育を行いました。それが現在の明志書院です。 明志書院は台湾北部最初の書院で、艋舺(台北市万華)の文海書院(学海書院)よりも70年も早く設立されました。初期の明志書院は非常に大規模で、一進五開間(中庭が一つで、その間口は柱が6本立つ広さ)と左右に計12の廂房(脇部屋)がありましたが、その後長い年月の間に幾度もの改築を経て現在の形になりました。現在は周辺を住宅に囲まれ、母屋とその両側の廂房しか残っていません。

發展源流

主要特色


2005年に再建された後、明志学院が着席し、祖先が初期に財産を築いた後、その場所に積極的に恩返しをした春明の慈善行為を記念して、建物の前に石碑が置かれました。
2005年に再建された後、明志学院が着席し、祖先が初期に財産を築いた後、その場所に積極的に恩返しをした春明の慈善行為を記念して、建物の前に石碑が置かれました。
内部にはアカデミーに関連する多くの文化的遺物があり、改装された古い建物の購入があります
内部にはアカデミーに関連する多くの文化的遺物があり、改装された古い建物の購入があります
明志学院は、朱熹、胡趙宗岐、郭宗岐をそれぞれ「趙宗岐師匠」、「趙宗岐侯」、「趙宗岐監督」のタブレットで祀っています。
明志学院は、朱熹、胡趙宗岐、郭宗岐をそれぞれ「趙宗岐師匠」、「趙宗岐侯」、「趙宗岐監督」のタブレットで祀っています。
明志学院は現在朱熹を祀っているため、運営委員会も特別に式典を手配し、訪問者がスマートペンを要求できるようにしました。
明志学院は現在朱熹を祀っているため、運営委員会も特別に式典を手配し、訪問者がスマートペンを要求できるようにしました。
明志学園が再建された後、「北京第一学校」の本堂に飾り板があります。
明志学園が再建された後、「北京第一学校」の本堂に飾り板があります。
大学が再建された後、管理委員会は「興直保新建明志書院碑」をメインホールコレクションに移動しました
大学が再建された後、管理委員会は「興直保新建明志書院碑」をメインホールコレクションに移動しました
アカデミー本館の屋上は、とても美しい蟻継ぎで飾られており、現代の職人の作品でありながら、古風な風情が漂っています。
アカデミー本館の屋上は、とても美しい蟻継ぎで飾られており、現代の職人の作品でありながら、古風な風情が漂っています。
アカデミーの前には、文字が書かれた紙を焼くために特別に使用されるジンウェンパビリオンがあります。これは、伝統的な台湾のアカデミーの固定コンポーネントです。
アカデミーの前には、文字が書かれた紙を焼くために特別に使用されるジンウェンパビリオンがあります。これは、伝統的な台湾のアカデミーの固定コンポーネントです。
明志書院のプラークの意味は、諸葛亮の家族のモットーに由来しています。「野心がなければ野心はなく、静けさがなければ遠くまで行くことはできません。」
明志書院のプラークの意味は、諸葛亮の家族のモットーに由来しています。「野心がなければ野心はなく、静けさがなければ遠くまで行くことはできません。」

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點