メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

二結王公廟

二結王公廟
 
宜蘭県の二結王公廟は旧名を「鎮安廟」といい、古公三王公を祀っています
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 宜蘭県五結郷旧街一路98号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.76881,24.70818
指定機関: 宜蘭県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

宜蘭県の二結王公廟は旧名を「鎮安廟」といい、古公三王公を祀っています。清の乾隆51年(1786年)に福建省湖西坑の先人・廖地が、二結地域に三王神像を迎え、小屋を建てて祀ったのが始まりで、その後、二結の人口が増加すると瓦葺きの建物に建て替えられました。その後も王公廟はますます栄え、参拝者が絶えなかったことから、長老たちが話し合って、再び改築することにしました。信者らの寄付を得て、新しい廟は昭和7年(1932年)に完成しました。民国時期には何度も増築されましたが、1997年には手狭となった廟の建て替えが決議されました。古い廟は、地域住民が文化活動を行ったり、王公廟で使用されていた法器を展示したりするための地域生活文化館として残されることになりました。 毎年旧暦11月15日の王公の生誕祭には、台湾最大の神輿の火渡りが行われます。12トン以上の木炭を使用して大きなたき火を燃やし、神様を浄化するという、100年以上続く行事です。現在は観光とリンクし自治体と協働の「王公文化祭」として実施されています。

發展源流

主要特色


太極拳を想像してみてください。天、地、人と調和して設計された新しい王公寺を紹介します。
太極拳を想像してみてください。天、地、人と調和して設計された新しい王公寺を紹介します。
火の通過式のための三角形のコマンドフラグ
火の通過式のための三角形のコマンドフラグ
王公双龍旧寺院本堂の屋根は接着剤を切った
王公双龍旧寺院本堂の屋根は接着剤を切った
王公の古い寺院の外にある石獅子は鮮やかな目をしています
王公の古い寺院の外にある石獅子は鮮やかな目をしています
オリジナルのマハラジャの木の香炉、現在は文化的遺物が展示されています
オリジナルのマハラジャの木の香炉、現在は文化的遺物が展示されています
日本の要素を取り入れ、ビーズを持った2つの鳳凰で太陽を表現
日本の要素を取り入れ、ビーズを持った2つの鳳凰で太陽を表現
日本の人々から贈られた盾
日本の人々から贈られた盾
寺院の元の神社(ニッチ:神、仏、または祖先の像を祀る)のキャビネットまたは石の部屋
寺院の元の神社(ニッチ:神、仏、または祖先の像を祀る)のキャビネットまたは石の部屋
古い王公寺「鎮安寺」の飾り板、エルジェ王公寺はもともと鎮安寺と呼ばれていましたが、新しい寺院の完成後、寺院の飾り板はエルジェ王公寺に変更されました
古い王公寺「鎮安寺」の飾り板、エルジェ王公寺はもともと鎮安寺と呼ばれていましたが、新しい寺院の完成後、寺院の飾り板はエルジェ王公寺に変更されました

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點