メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

房裡順天宮

房裡順天宮
 
古風な趣のある建築の雰囲気の中で、房裡順天宮は、ファングリの古代都市の家の民俗愛と文化を結びつけ、苑裡町の地元の歴史を証明しています
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 苗栗県苑裡鎮房裡里1隣南房26号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.64661,24.43503
指定機関: 苗栗県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

苗栗県苑裡地域は、元は原住民平埔族のタオカス族の居住地で、「房裡社」と呼ばれていました。清代になると、漢人の移住とともに、この地に媽祖信仰がもたらされます。清の道光・咸豊年間には、漳州人と泉州人との間、あるいは閩南人と客家人との間で、大小の武装闘争が幾度も発生しました。泉州人を主とするグループは南の房裡街に集住し、村を守るため、清の咸豊5年(1855年)、土や石で町の周囲に壁を築きました。それにより今日にいう「房裡古城」ができました。 「房裡古城」内にある房裡順天宮は「城内媽祖」と呼ばれ、清の道光28年(1848年)に建てられました。主な改築は1926年と1964年の2度で、建物全体は建て直されたものの、歴史の痕跡と昔ながらの素朴なたたずまいは今も変わっていません。建物は平屋建てで、正殿は双連山牆式の空間で、後方は左右に伸びています。建物の配置は二進二護龍二配殿(平行した2棟に2室の配殿、左右に2棟)に似ており、さらに日本統治時代に建てられた拝亭があります。

發展源流

主要特色


順天府の本堂は媽祖を祀っており、右側の堂は神農皇帝に捧げられています。
順天府の本堂は媽祖を祀っており、右側の堂は神農皇帝に捧げられています。
細かく刻まれた四角い神聖な動物のブロンズネット香炉のある本堂
細かく刻まれた四角い神聖な動物のブロンズネット香炉のある本堂
媽祖の黄金の体「敕封天上聖母」マジックカード
媽祖の黄金の体「敕封天上聖母」マジックカード
広場の隣には「房里溪官義渡示禁碑」が建てられています。 清王朝の乾隆帝の3年前、淡水県の同治帝(生死年不明)は、船頭による恐喝の繰り返しにより、地元の役人に無料フェリー基金への寄付を呼びかけ始めました。無料フェリー給与の管理、台湾の公式無料フェリーシステムの先駆者
広場の隣には「房里溪官義渡示禁碑」が建てられています。 清王朝の乾隆帝の3年前、淡水県の同治帝(生死年不明)は、船頭による恐喝の繰り返しにより、地元の役人に無料フェリー基金への寄付を呼びかけ始めました。無料フェリー給与の管理、台湾の公式無料フェリーシステムの先駆者
屋根は硬い山母屋でできており、屋根は3層の尾根装飾で飾られています。
屋根は硬い山母屋でできており、屋根は3層の尾根装飾で飾られています。
宮殿には、非常に古い小型の千里眼と風下の耳の将軍がいます。
宮殿には、非常に古い小型の千里眼と風下の耳の将軍がいます。
昭和3年(1928年)、牙李庄の弟子黄銭(生死年不明)が贈った金属製の楯は非常に特別で、順天宮で数少ない楯のひとつとなった。
昭和3年(1928年)、牙李庄の弟子黄銭(生死年不明)が贈った金属製の楯は非常に特別で、順天宮で数少ない楯のひとつとなった。
明治43年(1910年)のまぐさにある「順天宮」の木造宮殿の盾
明治43年(1910年)のまぐさにある「順天宮」の木造宮殿の盾
清王朝(1891年)の光緒17年に贈られた「ゼプシェンミン」のプラークは、順天府で最も古いプラークです。
清王朝(1891年)の光緒17年に贈られた「ゼプシェンミン」のプラークは、順天府で最も古いプラークです。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點