メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

新竹長和宮

新竹長和宮
 
新竹城内の媽祖廟と区別するため、新竹市長和宮は俗に外媽祖と呼ばれる
文化財分類: 史跡
所在地: 新竹市北区長和里北門街135号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.96490,24.80854
指定機関: 新竹市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

北門大街に位置する新竹長和宮は、清の乾隆7年(1742年)に建設され、地元では「外媽祖廟」と呼ばれています。北門大街は、清代には物資の交易地として、また県城への出入り口として重要な商業地帯でした。清の嘉慶年間には商業ギルドに類似した「老抽分会」が設立され、長和宮の運営及び建物の維持管理は多くこの老抽分会が担ってきました。 清の道光年間、新竹の商人たちは「金長和」塹郊(地域の商業ギルド)を組織しました。それ以来、塹郊の下に属する老抽分会は、後に成立した中抽分会、新抽分会とともに、長和宮と水仙宮を管理しています。長和宮は新竹城商業の歴史の証人と言えるでしょう。長和宮の媽祖神像の髪の毛は、媽祖が道を得て升天した後に媽祖本人の頭髪を用いて作られたと言われており、廟を守護する大切な宝物です。

發展源流

主要特色


右の警備室の神社、古い大豆クラブが賢者の神社を設立しました
右の警備室の神社、古い大豆クラブが賢者の神社を設立しました
清王朝の同治時代に、林福翔(西暦?-1862年)が贈った「天国の母の儀式」に捧げられた盾が再建されました。
清王朝の同治時代に、林福翔(西暦?-1862年)が贈った「天国の母の儀式」に捧げられた盾が再建されました。
寺院の扉の虎の窓から、石獅子、石太鼓、両側の龍と虎の壁まで、建物には多くの石の彫刻が使われており、どれも絶妙な作品です。
寺院の扉の虎の窓から、石獅子、石太鼓、両側の龍と虎の壁まで、建物には多くの石の彫刻が使われており、どれも絶妙な作品です。
屋上には木彫りのほか、絵画作品も多数あります。
屋上には木彫りのほか、絵画作品も多数あります。
本堂正面両脇には、梅州先祖寺からの贈り物である「梅州が聖なる運転手に帰る、台地は恵みを感じる」と刻まれた運転標識が2つあります。
本堂正面両脇には、梅州先祖寺からの贈り物である「梅州が聖なる運転手に帰る、台地は恵みを感じる」と刻まれた運転標識が2つあります。
本堂にある媽祖のやわらかい体像。伝説によると、この媽祖の髪は、媽祖がダオを手に入れて天国に昇った後の媽祖の体の毛から作られました。
本堂にある媽祖のやわらかい体像。伝説によると、この媽祖の髪は、媽祖がダオを手に入れて天国に昇った後の媽祖の体の毛から作られました。
本堂「德可配天」と「霖雨蒼生」の飾り板は、醤油店と新中のすべての紳士商人から贈られ、地元の商人と信仰の交流を目の当たりにしました。
本堂「德可配天」と「霖雨蒼生」の飾り板は、醤油店と新中のすべての紳士商人から贈られ、地元の商人と信仰の交流を目の当たりにしました。
昌河鈴木の龍の近くの廊下にある絶妙な「翔龍」高知陶器
昌河鈴木の龍の近くの廊下にある絶妙な「翔龍」高知陶器
寺院の門の神は、寺院の色彩絵画賞のマスターである潘岳雄(1943-)によって描かれました。 潘岳雄は、国宝絵画の巨匠、潘麗水(1914-1995)の息子です
寺院の門の神は、寺院の色彩絵画賞のマスターである潘岳雄(1943-)によって描かれました。 潘岳雄は、国宝絵画の巨匠、潘麗水(1914-1995)の息子です

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點