メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

社頭清水岩

社頭清水岩
 
彰化県八卦山脈地域における信仰の中心地の一つである
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県社頭郷清水村清水岩路1号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.61378,23.88674
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の雍正6年(1728年)に創建された彰化県の社頭清水岩は、初めは労働者の休憩所を改装しただけの粗末な小屋でした。乾隆10年(1745年)、そこにお釈迦様と南海観音菩薩が祀られました。その後、信者が増えたため、寄付を募って竹林の中に寺を建てました。清の乾隆23年(1758年)には泉州の僧侶・覚通和尚と地元名士によって改築されました。 清水岩は何度も移転し、清の嘉慶年間にようやく現在の場所に落ち着きました。清の雍正年間以降、八卦山脈地域における代表的な寺院の一つとなり、虎山岩、碧山岩と並んで中部三大名岩と呼ばれるようになりました。泉の湧く、風光明媚な環境から、清水岩は、「清水春光」とも呼ばれ、有名な彰化八景にも数えられています。また、当時の文人や詩人による題詩や、高位高官の題した扁額なども数多く残されており、文学の薫りに満ちています。

發展源流

主要特色


清水岩寺の寺院本体は他の伝統的な寺院とは異なりますが、寺院本体の本堂の屋根は蟻継ぎの棘で、飛竜や鳳凰がカットされて接着されています。非常に細心の注意を払っており、珍しい伝統的な寺院です。存在する木の構造
清水岩寺の寺院本体は他の伝統的な寺院とは異なりますが、寺院本体の本堂の屋根は蟻継ぎの棘で、飛竜や鳳凰がカットされて接着されています。非常に細心の注意を払っており、珍しい伝統的な寺院です。存在する木の構造
これがガンルクアンアーチです。 日本時代の台湾で有名な3つの泉(陽明山長寿泉、青水燕湾泉、志弁美泉)、神殿の分水器と井戸が信者が利用できるように設置されました
これがガンルクアンアーチです。 日本時代の台湾で有名な3つの泉(陽明山長寿泉、青水燕湾泉、志弁美泉)、神殿の分水器と井戸が信者が利用できるように設置されました
さまざまな種類の清王朝の二行連句がメインホールにぶら下がっています。最も古いペアは、清王朝の嘉慶帝の5年(西暦1800年)にまでさかのぼります。
さまざまな種類の清王朝の二行連句がメインホールにぶら下がっています。最も古いペアは、清王朝の嘉慶帝の5年(西暦1800年)にまでさかのぼります。
光緒10年、清王朝(1884)、大修道院長のユビアオ禅師(生死年不明)が完成・修復を経て、「澄んだ水と春の光」の飾り板が建てられました。
光緒10年、清王朝(1884)、大修道院長のユビアオ禅師(生死年不明)が完成・修復を経て、「澄んだ水と春の光」の飾り板が建てられました。
清朝乾隆帝33年(1768年)の「南海菩薩」の銘板は、南海観音菩薩の思いやりを表す一般的な民俗用語です。
清朝乾隆帝33年(1768年)の「南海菩薩」の銘板は、南海観音菩薩の思いやりを表す一般的な民俗用語です。
漳州パイダムマスターの手によって、2つの接続と3つのメロンを備えた伝統的な木造建築が作られました
漳州パイダムマスターの手によって、2つの接続と3つのメロンを備えた伝統的な木造建築が作られました
背景が赤の役人から贈られた楯「ビーズと火の形をした絵を持った青水燕のシュアンロン」
背景が赤の役人から贈られた楯「ビーズと火の形をした絵を持った青水燕のシュアンロン」
大正9年(1920年)には、寺院の建設の始まりと終わり、そして寄付の名前と金額を記念して、石碑「清水岩寺の石碑を再建」が建てられました。これは記憶に残るでしょう。永遠に
大正9年(1920年)には、寺院の建設の始まりと終わり、そして寄付の名前と金額を記念して、石碑「清水岩寺の石碑を再建」が建てられました。これは記憶に残るでしょう。永遠に
大正9年(1920年)、清水岩寺に石碑「水滴と心の浄化」が建てられ、井戸や運河を建設して山の泉を引くという内容が説明されています。寺院と龍泉寺院は水源を共有しています。
大正9年(1920年)、清水岩寺に石碑「水滴と心の浄化」が建てられ、井戸や運河を建設して山の泉を引くという内容が説明されています。寺院と龍泉寺院は水源を共有しています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點