メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

北斗大衆爺廟

北斗大衆爺廟
 
清の康熙時代に創建され、大衆爺を祀っている
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県北斗鎮西德里西德街7号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.52094,23.87271
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化県北斗鎮北斗街の起源は、古くは東螺渓畔(旧濁水渓)の東螺街に遡ります。清の嘉慶年間、東螺街は天災や戦乱により市街地が破壊されたため、地域の長が現在の北斗街の場所に街を移転することを進めたのです。新しい街ができた後は、奠安宮が信仰の中心となり、東門、西門、南門、北門の境界にそれぞれの角頭廟(地域における集合体の廟)ができました。大衆爺廟は奠安宮を公廟とする西門の境界の角頭廟です。 大衆爺廟、いわゆる「万善祠」は、清の康熙57年(1718年)に建てられました。住民たちが付近の無縁塚の遺骨を集めて埋葬し、廟を建てて祀ったのです。清の道光5年(1825年)には廟の後ろに墓を造って遺骨を納め、「萬善佳城」の墓碑を立てました。これら無縁仏の多くは、昔の漳州・泉州移民の武装衝突や戴潮春の乱の犠牲者で、後世の人が過去を偲ぶためにとここに合葬したのです。

發展源流

主要特色


大衆爺の食卓の下には虎卿の参拝があり、通常は生卵と生肉が祀られています。
大衆爺の食卓の下には虎卿の参拝があり、通常は生卵と生肉が祀られています。
祭壇の後ろには木製の看板があり、毎年6月30日にゴーストゲートを開き、7月30日にゴーストゲートを閉じるように執事に思い出させます。
祭壇の後ろには木製の看板があり、毎年6月30日にゴーストゲートを開き、7月30日にゴーストゲートを閉じるように執事に思い出させます。
本堂の横には大理石のタブレットが3つあり、3回再建された寄贈者の名前が記されています(中華民国67 [戊午]、76 [丁卯]、77 [戊辰]年)
本堂の横には大理石のタブレットが3つあり、3回再建された寄贈者の名前が記されています(中華民国67 [戊午]、76 [丁卯]、77 [戊辰]年)
北斗大衆爺廟の本堂、1つのベイレイアウト
北斗大衆爺廟の本堂、1つのベイレイアウト
墓の前には、日本時代に流行した石洗い法で建てられた墓石に似た建物があります。
墓の前には、日本時代に流行した石洗い法で建てられた墓石に似た建物があります。
古墳の頂上には「万善佳城」の記念碑があり、その刻印に基づいて、1825年の清道光帝5年に建てられ、昭和10年(1935年)に再建。
古墳の頂上には「万善佳城」の記念碑があり、その刻印に基づいて、1825年の清道光帝5年に建てられ、昭和10年(1935年)に再建。
本堂裏手には、モザイクタイルで覆われた7階建ての塔型の墓があります。
本堂裏手には、モザイクタイルで覆われた7階建ての塔型の墓があります。
本堂の屋根は礼拝堂と同じ構造で、二重傾斜の屋根でもあり、縦の尾根には獣のほか、妖精に乗った獣の装飾が施されています。
本堂の屋根は礼拝堂と同じ構造で、二重傾斜の屋根でもあり、縦の尾根には獣のほか、妖精に乗った獣の装飾が施されています。
礼拝堂の屋根はアンティーク調のモダンな建材で、湾曲した尾根はタイル構造に似ており、縦の尾根は獣で飾られています。
礼拝堂の屋根はアンティーク調のモダンな建材で、湾曲した尾根はタイル構造に似ており、縦の尾根は獣で飾られています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點