メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

北斗富美舘

北斗富美舘
 
北斗富美舘は北斗北門の角頭寺です、主神の蕭府王爺のほか
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県北斗鎮光復里光復路196号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.52420,23.87392
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清朝の嘉慶、道光年間、北斗街は彰南平野の商業の中心として大いに栄え、「一府(台南安平)、二鹿(彰化鹿港)、三艋舺(台北万華)、四北斗(彰化北斗)」とも呼ばれました。中国福建省泉州市恵安県から北斗街に移り住んだ人々は、故郷の泉州市晋江南門の富美の渡し場に建つ「富美宮」に祀られている蕭府王爺を分霊し、清の光緒3年(1877年)、北斗街の北の境に「富美舘」を建てました。 蕭府王爺(蕭太傅)は台湾の沿岸地域で広く信仰され、一般には「富美」と呼ばれています。北斗富美舘では、主神の蕭府王爺のほか、趙府元帥、康府元帥、蕭府夫人、五営旗、虎爺も祀っています。一般的には、蕭太傅とは、蕭何(漢の高祖の宰相)の子孫だとされる漢の宣帝の太子太傅(皇太子の師)の蕭望之(紀元前107年-紀元前47年)だと言われています。正殿の祭壇の対聯には「富我邦家千歳威霊鎮北斗、美斯郷土三王神庇遍螺陽(我が国を富ませ、千歳の威霊により北斗を鎮め、美しい郷土の三王神が螺陽をあまねく庇護する」と書かれています。螺陽とは北斗と恵安を指します。また、「富」の字は蕭府王爺の別称である財神を表すとも解釈できます。

發展源流

主要特色


富美舘の外壁の底は小石の積み重ねで、上部の閩南レンガは土台として使用され、壁は土壁で作られた箱型のレンガ壁です。最外層は赤レンガでコーティングされています再構築時の防水材。
富美舘の外壁の底は小石の積み重ねで、上部の閩南レンガは土台として使用され、壁は土壁で作られた箱型のレンガ壁です。最外層は赤レンガでコーティングされています再構築時の防水材。
富美舘の切妻の右側にあるレンガ香炉、その前に初期の水ポンプがあります
富美舘の切妻の右側にあるレンガ香炉、その前に初期の水ポンプがあります
富美舘は暁屋敷の王子を祀っており、漢王朝の玄王朝の暁王子王子です。 地元の信者は「おじいちゃん」や「おじいちゃんシャオ」とも呼ばれます
富美舘は暁屋敷の王子を祀っており、漢王朝の玄王朝の暁王子王子です。 地元の信者は「おじいちゃん」や「おじいちゃんシャオ」とも呼ばれます
神社の隣の二行連句には「羅陽」という言葉があります。陽は北を意味するので、北斗(東瑠璃の北側)の代表的な名前であり、泉州恵安(の太陽)も指します。羅山)
神社の隣の二行連句には「羅陽」という言葉があります。陽は北を意味するので、北斗(東瑠璃の北側)の代表的な名前であり、泉州恵安(の太陽)も指します。羅山)
神社の隣、大隊の反対側には、風成神に捧げられたものもあります
神社の隣、大隊の反対側には、風成神に捧げられたものもあります
神社の隣で、五營頭および五營の将軍としても知られている營頭将軍への崇拝
神社の隣で、五營頭および五營の将軍としても知られている營頭将軍への崇拝
神社の下には、福建省南部の寺院でよく見られる虎の主がいます。
神社の下には、福建省南部の寺院でよく見られる虎の主がいます。
神社の真ん中で、小邸の王子と王子の王子が崇拝されています;王子の左側では、王子はDian'an宮殿によって分割されているMazuによって崇拝されています;左側と右側は趙とカンの王子です。
神社の真ん中で、小邸の王子と王子の王子が崇拝されています;王子の左側では、王子はDian'an宮殿によって分割されているMazuによって崇拝されています;左側と右側は趙とカンの王子です。
風明パビリオンの空間レイアウトは1つの入り口で、本堂は神社といけにえの空間に分かれており、全体のスタイルは伝統的な通りの家に似ています。
風明パビリオンの空間レイアウトは1つの入り口で、本堂は神社といけにえの空間に分かれており、全体のスタイルは伝統的な通りの家に似ています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點