メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

永靖清福宮石板廟

永靖清福宮石板廟
 
廟には現在神様を祀っておらず、過去に祀っていた土地公、土地婆は新しい清福宮に移転され祀られている
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県永靖郷永興路2段202号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.56107,23.92393
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清福宮石板廟は彰化県永靖郷陳厝厝にあります。広東省潮州府饒平地方出身の客家人は、開拓のため大武郡に移民する際、守り神として故郷の伯公(土地神)を連れてきました。その後、開拓が進むと、資金を募り、土地の守り神として伯公廟を建てました。これが現在の清福宮の前身です。後に、清の乾隆年間(1736-1795年)、石板を建材として建て替えられ、現在の姿になりました。 2007年に清福宮を改築した際、この古い石板廟は取り壊す予定でしたが、地元の名士たちが調査に奔走し、それを受けて、先祖を偲ぶ意味から、古い石板廟を五汴巷に移して保存することにしました。石板廟は2018年に新しい清福宮の広場の前方に戻され、今では新旧の廟が揃って郷土を見守っています。

發展源流

主要特色


清福宮の叔父、つまり福建省南部の人々の信仰における地球の神
清福宮の叔父、つまり福建省南部の人々の信仰における地球の神
フォーチュンパレスの切妻は硬い山の屋根でできており、上部には通気孔が掘られています
フォーチュンパレスの切妻は硬い山の屋根でできており、上部には通気孔が掘られています
清福宮の右側、シバン寺院の向かいに、武英将軍寺院があります。
清福宮の右側、シバン寺院の向かいに、武英将軍寺院があります。
寺院の香炉台も石でできており、かなり時代遅れに見えます
寺院の香炉台も石でできており、かなり時代遅れに見えます
清福宮は2007年に再建されました。 規模は元の石板寺院よりもはるかに大きいですが、それでもボゴン寺院の精神を保持しています
清福宮は2007年に再建されました。 規模は元の石板寺院よりもはるかに大きいですが、それでもボゴン寺院の精神を保持しています
現在、シバン寺院は新清府宮殿の左側の広場にある元の場所に戻され、シバン寺院を主人公とする新しい景観公園が建設されました。
現在、シバン寺院は新清府宮殿の左側の広場にある元の場所に戻され、シバン寺院を主人公とする新しい景観公園が建設されました。
スレート寺院の屋根も石で覆われ、屋根の棟には絶妙な蟻継ぎの形が使われています。 屋根の小さな蟻継ぎは、大きな寺院の蟻継ぎの尾根ほど洗練されていませんが、仕上がりはまだずさんではありません
スレート寺院の屋根も石で覆われ、屋根の棟には絶妙な蟻継ぎの形が使われています。 屋根の小さな蟻継ぎは、大きな寺院の蟻継ぎの尾根ほど洗練されていませんが、仕上がりはまだずさんではありません
2018年に元の場所に戻った後、シバン寺院の隣に石碑が建てられ、記録されました
2018年に元の場所に戻った後、シバン寺院の隣に石碑が建てられ、記録されました
石板寺院の側面石には、寄贈者と禁止事項を記録した「青風宮殿石碑の再建」があります。
石板寺院の側面石には、寄贈者と禁止事項を記録した「青風宮殿石碑の再建」があります。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點