メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

社頭枋橋頭天門宮

社頭枋橋頭天門宮
 
その創建は清の乾隆時代まで遡ることができ、72聯庄(合同自衛組織)の共同信仰を象徴する
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県社頭郷橋頭村媽祖廟街43号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.58224,23.91711
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の乾隆年間、台湾に移民した漳州人、泉州人、客家人の間では武装衝突が絶えませんでした。そこで、彰化県の枋橋頭地域の8村72集落では、故郷を守るために「72聯庄」(合同自衛組織)を結成するとともに、鹿港天后宮から媽祖を迎えて加護を祈りました。枋橋頭天門宮は、この72聯庄が共同で信仰する媽祖廟です。他の有名な媽祖廟との最大の違いと言えば、普通の廟では媽祖像は一体だけですが、ここ枋橋頭天門宮では、8村がそれぞれ製作した8体の媽祖像が一つの廟に祀られていることです。 72聯庄は、出身や地域といった異なるバックグラウンドを持つ人々が、その垣根を越えて、媽祖信仰により結びついた組織です。それぞれの村が、それぞれ名前の異なる媽祖を、一つの媽祖廟で祀っているのです。天門宮はまさにその信仰を通じて、聯庄各集落の住民を結びつける紐帯の役割を果たしているのです。

發展源流

主要特色


本堂から三川館までを見ると、左右の水路の柱はすべて石臼の柱であり、柱はすべて円筒形です。
本堂から三川館までを見ると、左右の水路の柱はすべて石臼の柱であり、柱はすべて円筒形です。
清王朝(1796-1820 AD)の嘉慶時代の「ハイグオアンラン」プラークは、天門山で最も重要なプラークです。
清王朝(1796-1820 AD)の嘉慶時代の「ハイグオアンラン」プラークは、天門山で最も重要なプラークです。
本堂のメロン管のデザインは充実しており、耐荷重構造は3つのリンクと5つのメロンを採用しています。
本堂のメロン管のデザインは充実しており、耐荷重構造は3つのリンクと5つのメロンを採用しています。
枋橋頭天門宮は、1つの媽祖だけでなく、8つの庄頭の72の集落の媽祖に捧げられています。
枋橋頭天門宮は、1つの媽祖だけでなく、8つの庄頭の72の集落の媽祖に捧げられています。
本堂の龍柱と側面扉。 龍柱と後柱の間の床には床装飾用の大理石があります
本堂の龍柱と側面扉。 龍柱と後柱の間の床には床装飾用の大理石があります
獅子と鳳凰が彫られた三川堂の元光(曲がり弓)のデザイン
獅子と鳳凰が彫られた三川堂の元光(曲がり弓)のデザイン
壁には芸術的な装飾を表現するためにカットスティックがたくさん使われています。写真は「趙雲の救世主、一人で乗る」の物語です。
壁には芸術的な装飾を表現するためにカットスティックがたくさん使われています。写真は「趙雲の救世主、一人で乗る」の物語です。
当時、水面下で生まれた才能ある学者である呉平(生死年は不明)は、天門山の再建を惜しみなく寄付し、後援しました。 その美徳を表現するために、中華民国50年(1961年)の天門宮殿の再建も寺院の石碑によって記念されています
当時、水面下で生まれた才能ある学者である呉平(生死年は不明)は、天門山の再建を惜しみなく寄付し、後援しました。 その美徳を表現するために、中華民国50年(1961年)の天門宮殿の再建も寺院の石碑によって記念されています
山川ホールの左側のスカートにある石碑「武松は虎と戦う」は、社頭の名前である暁家の人々に捧げられています
山川ホールの左側のスカートにある石碑「武松は虎と戦う」は、社頭の名前である暁家の人々に捧げられています

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點