メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

大城咸安宮

大城咸安宮
 
屋根に福・禄・寿という三人の仙人があり、両側に二匹の龍が振り返る様子を表した陶製装飾がある
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県大城郷大城村中平路56号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.32125,23.85524
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化県大城郷にある大城咸安宮は、保生大帝を主神として祀っており、大城郷大城厝地域(現在の大城、西城、東城三村)の信仰の中心です。清の道光元年(1821年)の創建で、現在の建物は昭和3年(1928年)に改築されたものです。その後、幾度か改修しつつも日本統治時代のスタイルを残しており、また、内部には竣工当時の石碑も残されています。 幅が三開間(幅が柱4本)、奥行きは両落(2棟)の閩南式廟宇建築で、手前から順に三川殿、左右の過水廊(屋根付の通路)に挟まれている天井(屋根のない通路)、拝亭、正殿、後殿と並んでいます。三川殿の屋根の棟上には、様々な人物や縁起の良い動物、草花模様の陶製装飾があります。正殿は三通五瓜(3本の横梁と5つの瓜筒)の木造建築です。前軒には一対の石の龍柱があり、上方には八仙(道教の代表的な八人の仙人)が彫られており、後軒の石柱は六角形で、表面には草花模様の浅浮き彫りがあります。柱基は六角形で、日本統治時代に改築されたため、内部の石柱はその柱頭の大部分に洋風の装飾があります。

發展源流

主要特色


ハイアン宮殿にある既存の石碑は、すべて日本時代に再建された文化財であり、合計4つあり、三川館の左右とパティオの左右にあります。左側パティオの横には、再建された監督の記念碑があります。
ハイアン宮殿にある既存の石碑は、すべて日本時代に再建された文化財であり、合計4つあり、三川館の左右とパティオの左右にあります。左側パティオの横には、再建された監督の記念碑があります。
昭和3年(1928年)に再建され、翌年に完成しました。建設が完了すると、ハイアン宮殿の再建の碑文がその進化を表すために設立されました。
昭和3年(1928年)に再建され、翌年に完成しました。建設が完了すると、ハイアン宮殿の再建の碑文がその進化を表すために設立されました。
石窯は西安宮殿の最も初期の保存された文化的遺物であり、道光7年(1827)の言葉が残っています
石窯は西安宮殿の最も初期の保存された文化的遺物であり、道光7年(1827)の言葉が残っています
三川館には昭和4年(1929年)に呉王須(1868-1932)が残した柱の接合部があります。
三川館には昭和4年(1929年)に呉王須(1868-1932)が残した柱の接合部があります。
中国の書道家ヤン・カオシアン(1838-1944 AD)、昭和4(AD 1929)に残された「デイドとユエシェン」の盾
中国の書道家ヤン・カオシアン(1838-1944 AD)、昭和4(AD 1929)に残された「デイドとユエシェン」の盾
台南書記家羅西慧(1865-1943)、昭和3年(1928)に書かれたプラーク「保佑群生」
台南書記家羅西慧(1865-1943)、昭和3年(1928)に書かれたプラーク「保佑群生」
1973年に描かれたカラーペインティング「渭水聘賢」は、西安宮殿を文学的な雰囲気で満たしました。
1973年に描かれたカラーペインティング「渭水聘賢」は、西安宮殿を文学的な雰囲気で満たしました。
山門の軒先は「寺院の角を運ぶハンファン」、「ハンファン」は眉毛が太く目が大きい男性像。
山門の軒先は「寺院の角を運ぶハンファン」、「ハンファン」は眉毛が太く目が大きい男性像。
三川脊の屋根の中央の尾根に福祿壽の3つの不死身があり、両側は雙龍によってカットされて接着されています。
三川脊の屋根の中央の尾根に福祿壽の3つの不死身があり、両側は雙龍によってカットされて接着されています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點