メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

楠西亀丹石造土地公廟

楠西亀丹石造土地公廟
 
高さはわずか120センチ、長さと幅はそれぞれ約90センチ
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台南市楠西区亀丹40-5号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.49795,23.13290
指定機関: 台南市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

楠西亀丹石造土地公廟は亀丹渓の左岸にあります。以前は隣に神農殿がありましたが、その後、神農殿は右岸に移築されました。亀丹社区の各集落は、神農殿(神農殿集落)、埔頭盤古大太子宮(埔頭集落)、盤古廟(鳳梨園集落)とそれぞれに信仰の中心を持っていますが、なかでも神農殿集落の神農殿は亀丹社区全体の中心的な廟となっています。 大きな石を積み重ねて彫刻して造った楠西亀丹石造土地公廟は、非常に特色のある廟です。土地公の神像は大きさこそさほど大きくはないものの、慈悲深い表情を湛えています。廟の人の話によると、右岸に神農殿を移築した後、土地公と廟の建物も一緒に移そうとしたのですが、土地公に伺いを立てたところ、ここに残りたいとおっしゃったので、新しい神像を作って分霊し、新しい像は元の場所に安置して、古い石像のほうは神農殿に祀ったのだといいます。

發展源流

主要特色


石造りのディゴン寺院がある神農集落に行くと、途中で地域住民が植えたさまざまな果樹を見ることができます
石造りのディゴン寺院がある神農集落に行くと、途中で地域住民が植えたさまざまな果樹を見ることができます
土地を崇拝するための元の石造りの地面、現在家のほとんどはタイル張りの床に置き換えられており、寺院の本体とその前の犠牲領域だけが石造りの地面です
土地を崇拝するための元の石造りの地面、現在家のほとんどはタイル張りの床に置き換えられており、寺院の本体とその前の犠牲領域だけが石造りの地面です
ディゴン寺院の石造りの側面と屋根
ディゴン寺院の石造りの側面と屋根
石造りのディゴン寺院に祀られている福正神は、神後の精神の新しい神です。
石造りのディゴン寺院に祀られている福正神は、神後の精神の新しい神です。
元のディゴン寺院に刻まれた石像は、現在、神農寺院にも座っています。
元のディゴン寺院に刻まれた石像は、現在、神農寺院にも座っています。
現在ギダン神農寺院にある清道光23年(1843)の石碑は、石造りのディゴン寺院と同じです。
現在ギダン神農寺院にある清道光23年(1843)の石碑は、石造りのディゴン寺院と同じです。
石造りのディゴン寺院にある石碑は、石碑の下の風化がひどいため、全文を読むことができません。
石造りのディゴン寺院にある石碑は、石碑の下の風化がひどいため、全文を読むことができません。
ギダン地区の神農寺は神農皇帝に捧げられており、香は玉京鹿陶器カイジズの北極寺から配られています。
ギダン地区の神農寺は神農皇帝に捧げられており、香は玉京鹿陶器カイジズの北極寺から配られています。
南西ギダンの石造りのディゴン寺院はそのままで、文化的遺物や石碑が残っています。鉄の家は1987年に追加され、2011年に再建されて完成しました
南西ギダンの石造りのディゴン寺院はそのままで、文化的遺物や石碑が残っています。鉄の家は1987年に追加され、2011年に再建されて完成しました

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點