メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

虎山巌

虎山巌
 
その山の形が座っている虎に似ていることから名づけられた
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県花壇郷岩竹村虎山街1号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.55963,24.04315
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化県花壇郷に位置する虎山巌は、清の乾隆12年(1747年)に建てられました。裏山が伏せた虎のように見えることから、虎山巌と名付けられました。清代には、彰化八景の一つに数えられ、「虎巌聴竹」(虎巌で竹の音を聴く、あたかも仙界のように夢見心地)とも称されます。虎山巌は、碧山巌、清水巌と並び彰化三大巌寺に数えられています。虎山巌は何度も改修されましたが、全体の構造は清の道光時代のスタイルを留めているのが大きな特色です。 道光23年(1843年)に信者が田畑を仏陀に捧げたと記録されている「虎山巌充業配祀碑記」が残されています。明治37年(1904年)には信者が寄進した「虎山巌」の木の扁額や、昭和2年(1927年)彰化の名書画家、王蘭生(1891-1971年)が題した「虚無世界」の木の扁額といった貴重な文化財も、200年以上にわたる地域の歩みを物語っています。

發展源流

主要特色


寺院の建物の前庭の壁は、寺院を外側の寺院から分離しています
寺院の建物の前庭の壁は、寺院を外側の寺院から分離しています
屋根は伝統的なXieshanスタイルで、アリ溝と隆起したチュービングタイルを備えた4つの垂直のパビリオンがあります。4つの垂直のパビリオンの尾根は「雙龍護塔」をカットして接着した装飾が施されています。
屋根は伝統的なXieshanスタイルで、アリ溝と隆起したチュービングタイルを備えた4つの垂直のパビリオンがあります。4つの垂直のパビリオンの尾根は「雙龍護塔」をカットして接着した装飾が施されています。
ベイティングパビリオンの内枠は「1つの接続と2つのメロン」で設計されており、メロンチューブの爪は細く、メロンは3つのバケツで積み重ねられています。
ベイティングパビリオンの内枠は「1つの接続と2つのメロン」で設計されており、メロンチューブの爪は細く、メロンは3つのバケツで積み重ねられています。
1950年に作られたセメントビーコンピラーはフロント軒のピラーです
1950年に作られたセメントビーコンピラーはフロント軒のピラーです
ファサードの水車は、(1951)マスターリンリューテンの絶妙なコーチン陶器で塞がれています
ファサードの水車は、(1951)マスターリンリューテンの絶妙なコーチン陶器で塞がれています
寺院には18の羅漢、祝聖寺、五谷王、城隍神、不信隍神が装備されています
寺院には18の羅漢、祝聖寺、五谷王、城隍神、不信隍神が装備されています
本堂には、彰化の有名な画家・書記家である王蘭生(1891-1971)が昭和2(1927)の「虚空の世界」と題した銘板があります。
本堂には、彰化の有名な画家・書記家である王蘭生(1891-1971)が昭和2(1927)の「虚空の世界」と題した銘板があります。
礼拝堂の軒下には、明治37年(1904)の信者である張清泉が立てた楯があります。
礼拝堂の軒下には、明治37年(1904)の信者である張清泉が立てた楯があります。
清王朝23年(1843)、「湖山岩チョンイェ北京石錠」は、信者が畑を寄付して土地を購入し、仏陀に線香を焚くために使用したことを記録しています。
清王朝23年(1843)、「湖山岩チョンイェ北京石錠」は、信者が畑を寄付して土地を購入し、仏陀に線香を焚くために使用したことを記録しています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點