メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

社頭泰安岩

社頭泰安岩
 
伝統的な閩南式建築であり、祀る部屋として三川殿と正殿が設置され、左右に護龍、院門、五営廟、舞台がある
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県社頭郷広興巷13号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.58161,23.90105
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

社頭泰安岩は、彰化県社頭郷広興村の村民が信仰する廟で、社頭郷の開拓において重要な意味を持っています。清の道光14年(1834年)、広東省潮州から台湾に移住してきた張氏の先祖が、故郷から観音菩薩像を迎えてここに祀ったことから、泰安岩は、地元では観音廟や観音亭などとも呼ばれています。 明治41年(1908年)に改築され、日本統治時代は張厝、芋寮(広興村)の公廟でした。もともとは地元の名士、張金昌(生没年不詳)が管理人をしており、戦後は張俊原(生没年不詳)が引き継ぎました。その後、1981年7月19日からは従来の管理人による廟の管理をやめ、管理委員会で管理しています。 泰安岩のある広興村は、旧名を「芋寮仔」といいました。この名は、先祖が最初に開墾した畑に小屋を建てて芋を種えたことにちなんでいます。建築様式は、三川殿、正殿と左右の護龍廂房、院門、五営廟、舞台を持つ伝統的な閩南式建築となっています。

發展源流

主要特色


パビリオンの隣にある五營廟の五營旗。五營神は、民俗信仰において寺院または村の重要な保護者になります。
パビリオンの隣にある五營廟の五營旗。五營神は、民俗信仰において寺院または村の重要な保護者になります。
大安岩の本堂の下に祀られている虎卿は、神様の移動を求められても立ち去らない専用の椅子に座っています。
大安岩の本堂の下に祀られている虎卿は、神様の移動を求められても立ち去らない専用の椅子に座っています。
タイアンロックに祀られている幸運の少年、神は小さいですが、絶妙でシンプルで、非常に独特です
タイアンロックに祀られている幸運の少年、神は小さいですが、絶妙でシンプルで、非常に独特です
三川館の屋根は硬い山風の屋根で、棟は龍と鳳凰で飾られ、風呂と庄の三人の不死身が切り取られて接着されています。
三川館の屋根は硬い山風の屋根で、棟は龍と鳳凰で飾られ、風呂と庄の三人の不死身が切り取られて接着されています。
龍柱は寺院建築に対する人々の基本的な印象であり、龍柱の形、素材、彫刻様式を観察することで、歴史的背景と現代的な美的角度を見ることができます。
龍柱は寺院建築に対する人々の基本的な印象であり、龍柱の形、素材、彫刻様式を観察することで、歴史的背景と現代的な美的角度を見ることができます。
花や鳥の木彫りの模様、木彫りの縁起の良い模様は、一年中平和と繁栄を願う村人の願いを隠しています。
花や鳥の木彫りの模様、木彫りの縁起の良い模様は、一年中平和と繁栄を願う村人の願いを隠しています。
メインホールの隣にあるタイアンロックの起源についての簡単な紹介
メインホールの隣にあるタイアンロックの起源についての簡単な紹介
大安岩は福建省南部の伝統的な建物で、犠牲空間は三川館と本堂として設定されており、三川堂に吊るされた「台安岩」の盾です。
大安岩は福建省南部の伝統的な建物で、犠牲空間は三川館と本堂として設定されており、三川堂に吊るされた「台安岩」の盾です。
本堂は観音菩薩を祀っています。 タイアンロックは、観世音菩薩の有効性により初期から栄え、200年近くの歴史があります
本堂は観音菩薩を祀っています。 タイアンロックは、観世音菩薩の有効性により初期から栄え、200年近くの歴史があります

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點