メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

鹿港南靖宮

鹿港南靖宮
 
鹿港南進宮は間口が1開間(柱が2本立つ幅)の二進一院(平行した2棟と中庭1つ)の配置となっており、間口が狭く、奥行きが長い。
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県鹿港鎮埔頭街74号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.43177,24.05779
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の乾隆年間(1736-1795年)に台湾に渡った福建省漳州府南靖県の商人たちは、渡航の安全を祈るため、故郷で祀っていた「関聖帝君」の聖像を迎えて、清の乾隆48年(1783年)に資金を集めて南靖宮を建てました。南靖宮は福建省漳州移民の信仰の中心として栄え、かつては龍山寺、地蔵王殿、天后宮と並んで、鹿港四大霊廟と呼ばれたこともありました。 建物の配置は、三川殿と正殿からなる二進一院(平行した2棟と中庭1つ)で、清の嘉慶5年(1800年)、清の道光20年(1840年)に漳州系商人によって2度改築されましたが、今なお多くの文人や工匠の作品が保存されています。たとえば、秦叔宝(571-638年)と尉遅恭(585-658年)の2人の門神(門に描かれた魔除けの神)の彩色画は、鹿港の職人、王鍚河(生没年不詳)の作品です。正殿の瓜梁構造や祭壇などの彫刻は、李松林(1906-1998年)、李秉圭(1948-)親子によって手がけられました。このように、南靖宮は鹿港の漳州移民の歴史を物語るだけでなく、建物そのものにも高い芸術的価値を有しています。

發展源流

主要特色


「義勇凌雲」のプラークは、1971年に改修されて完成した後、陳百川(1897-1987)が寺院の祈りの儀式で残したインクマークです。
「義勇凌雲」のプラークは、1971年に改修されて完成した後、陳百川(1897-1987)が寺院の祈りの儀式で残したインクマークです。
本堂の上に吊るされた書道「李林春秋」は、現代の鹿港で有名な書道家、王陽金華(1924-2012)の書道です。
本堂の上に吊るされた書道「李林春秋」は、現代の鹿港で有名な書道家、王陽金華(1924-2012)の書道です。
南京宮殿が1970年に再建されたときに、曽智清(生年と死年は不明)によって提示された盾
南京宮殿が1970年に再建されたときに、曽智清(生年と死年は不明)によって提示された盾
寺院に描かれた梅、蘭、菊、竹の碑文は金の絵の形で描かれています
寺院に描かれた梅、蘭、菊、竹の碑文は金の絵の形で描かれています
鹿港南靖宮には神聖な馬と赤いウサギの馬があります
鹿港南靖宮には神聖な馬と赤いウサギの馬があります
鹿港南靖宮の領主は関平皇帝(フー・モー大王)を崇拝し、関平王子と周倉将軍は法を守る将軍に同行しました。
鹿港南靖宮の領主は関平皇帝(フー・モー大王)を崇拝し、関平王子と周倉将軍は法を守る将軍に同行しました。
鹿港南靖宮は、耐力壁構造で、ハードマウンテンの母屋スタイルの建物です。 硬山母屋は、切妻壁がトラス母屋より高く、屋根が切妻壁より低い方法です。母屋は、材料である屋根の母屋ではなく、切妻壁に母屋を挿入する設計です。シンプルでレイアウトが柔軟
鹿港南靖宮は、耐力壁構造で、ハードマウンテンの母屋スタイルの建物です。 硬山母屋は、切妻壁がトラス母屋より高く、屋根が切妻壁より低い方法です。母屋は、材料である屋根の母屋ではなく、切妻壁に母屋を挿入する設計です。シンプルでレイアウトが柔軟
門神秦叔宝(571-638 AD)と尉遅恭(585-658 AD)の絵は、ルガンの職人王西河(生年不明)の作品であり、繊細で厳格な技法です。
門神秦叔宝(571-638 AD)と尉遅恭(585-658 AD)の絵は、ルガンの職人王西河(生年不明)の作品であり、繊細で厳格な技法です。
寺院の門の両側には、朱啓南(1879-1974)と陳百川(1897-1987)によって書かれた赤い背景と金の文字の二行連句があります
寺院の門の両側には、朱啓南(1879-1974)と陳百川(1897-1987)によって書かれた赤い背景と金の文字の二行連句があります

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點