メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

竹塘醒霊宮聖蹟亭

竹塘醒霊宮聖蹟亭
 
四角形をした、レンガ造りの5階建て建築物
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県竹塘郷民靖村金山路34号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.41188,23.88720
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化県竹塘にある竹塘醒霊宮は、大正3年(1914年)に建造された、関聖帝君(関羽)を主神として祀る廟です。農民の蔡登財(生没年不詳)が苗栗県の醒世堂から分霊して建てたもので、彰化客家七界(二林鎮、竹塘郷、埤頭郷の境にある七つの客家人の村)の信仰の中心です。正殿の左側に80メートルほど行くと2階ほどの高さの聖蹟亭(惜字炉)があります。1955年に完工したこの聖蹟亭は、四角形の五層レンガ造りで、表面は主に洗い出し加工が施されています。ここでは現在では珍しい「聖蹟送り」(文字が書かれた紙を燃やした灰が入った箱を海に流す行事)が行われ、儀式の規模も台湾最大を誇ります。 竹塘醒霊宮聖蹟亭の最下層には紙灰の保管場所があります。二層目より上には巧みな四段彩磁の浮き彫りや、精妙な双龍鳳の彫飾、また元監察院長の于右任(1879-1964年)、元立法院長の黄国書(1905-1987年)、元考試院長の賈景徳(1880-1960年)といった当時の政府要人の貴重な書もあります。

發展源流

主要特色


キリンコーチン陶器の彫刻は、朱唐星陵宮殿の神聖なパビリオンのパビリオンの上に立っています
キリンコーチン陶器の彫刻は、朱唐星陵宮殿の神聖なパビリオンのパビリオンの上に立っています
竹塘興陵宮の盛治館5階には、初代筆記師の蒼頡があります。
竹塘興陵宮の盛治館5階には、初代筆記師の蒼頡があります。
竹塘興陵宮にある聖域パビリオンの4階には、鳳凰と牡丹の花が浮き彫りにされており、左右には彰化県の元治安判事陳錫卿西青が刻んだ二行連句があります。
竹塘興陵宮にある聖域パビリオンの4階には、鳳凰と牡丹の花が浮き彫りにされており、左右には彰化県の元治安判事陳錫卿西青が刻んだ二行連句があります。
竹塘興陵宮の聖域パビリオンの3階には、立法院の元黄国書大統領による「文光永照」の碑文があります。
竹塘興陵宮の聖域パビリオンの3階には、立法院の元黄国書大統領による「文光永照」の碑文があります。
竹塘興陵宮の神聖なパビリオンの2階の前には、元審査局長の賈景德、元台湾省の呉国楨会長、そして有名な現代の書記家YuYourenによる碑文があります。
竹塘興陵宮の神聖なパビリオンの2階の前には、元審査局長の賈景德、元台湾省の呉国楨会長、そして有名な現代の書記家YuYourenによる碑文があります。
竹塘醒霊宮の聖遺物館2階には、アーチ型のかまど口の上にまっすぐな本「聖遺物」があります。
竹塘醒霊宮の聖遺物館2階には、アーチ型のかまど口の上にまっすぐな本「聖遺物」があります。
竹塘醒霊宮の神聖なパビリオンのベースは、巨大な紙の灰貯蔵タンクです。
竹塘醒霊宮の神聖なパビリオンのベースは、巨大な紙の灰貯蔵タンクです。
竹塘醒霊宮の神聖なパビリオンの外観、多数の石の洗浄方法を使用
竹塘醒霊宮の神聖なパビリオンの外観、多数の石の洗浄方法を使用
関聖帝君に捧げられた竹塘醒霊宮
関聖帝君に捧げられた竹塘醒霊宮

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點