メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

二林仁和宮

二林仁和宮
 
二林仁和宮は伝統的な閩南式建築であり、彰化県の指定古跡である
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県二林鎮中正路58号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.36808,23.89906
指定機関: 内政部

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

仁和宮は早期には彰化県二林地域の信仰の中心で、創建年代は不明ですが、清の嘉慶20年(1815年)に改築が行われたとの記録が最も古いものです。建物が古くなったことから、地元の名士、長老たちが話し合い、寄付を集めて再建されました。日本統治時代、二林のサトウキビ農家は医者李応章(1897-1954)の呼びかけで「二林蔗農組合」を結成し、廟前の広場で「農民大会」を行いました。仁和宮はサトウキビ農家の権利要求運動の場として、台湾における農民運動の血と涙の歴史の舞台となったのです。 仁和宮は幾度も改築されながらも、伝統的な閩南式建築の特徴が完全に残されています。にぎやかな商業地に立地していることから、奥行き35メートルの細長い街屋型の建物となっており、配置は三殿二院(殿宇が3棟、中庭が2つ)となっています。祭祀が主に行われる正殿は、ひときわ厳粛な雰囲気で、3棟の建物の中で最も高く、奥行きも最も広い建物となっています。屋根の様式を見ると、三川殿の屋根は歇山式(入母屋造)、正殿と後殿の屋根は硬山式(切妻造)となっています。回廊や天井(家屋の横の空き地)は狭い建物群の中で左右対称となり、建築全体にバランスの美を生み出しています。

發展源流

主要特色


庭の前に石のバケツがあります。これは、ウェイトとメジャーの早期売買の公正な手段でした。
庭の前に石のバケツがあります。これは、ウェイトとメジャーの早期売買の公正な手段でした。
清王朝の嘉慶帝時代に本堂にあった二行連句、シャンリアンレンとクンユアン・ジシェン・シェンホン・グァンダ、シアリアン、そして幹線道路は、連河宮の歴史を目の当たりにするのに十分な、リゼンを保存するために変更されました
清王朝の嘉慶帝時代に本堂にあった二行連句、シャンリアンレンとクンユアン・ジシェン・シェンホン・グァンダ、シアリアン、そして幹線道路は、連河宮の歴史を目の当たりにするのに十分な、リゼンを保存するために変更されました
本堂の前には「牛がお金とくんを回す」を象徴する牛が置かれています。
本堂の前には「牛がお金とくんを回す」を象徴する牛が置かれています。
大正13年(1924年)からの両サイドの龍と虎の石彫
大正13年(1924年)からの両サイドの龍と虎の石彫
三川ホールの木製仕切りは篆書体で彫られています。ホールの正面玄関は木製パネルのドアスクリーンで作られています。正面玄関の両側には珍しい木製の仕切りがあります。
三川ホールの木製仕切りは篆書体で彫られています。ホールの正面玄関は木製パネルのドアスクリーンで作られています。正面玄関の両側には珍しい木製の仕切りがあります。
蓮河宮の正面玄関には、赤地に金色の11文字の二行連句があり、監督部長のユ・ユレンが「レンは神聖な長寿を歌い、福建を繁栄させることができます。ハーモニーは高貴な母親の名誉と学者の永遠の美徳。」
蓮河宮の正面玄関には、赤地に金色の11文字の二行連句があり、監督部長のユ・ユレンが「レンは神聖な長寿を歌い、福建を繁栄させることができます。ハーモニーは高貴な母親の名誉と学者の永遠の美徳。」
日本の時代に再建された三河ホールの前には獅子がいます。
日本の時代に再建された三河ホールの前には獅子がいます。
大正14年(1925)のプラーク「趙民永来」
大正14年(1925)のプラーク「趙民永来」
清王朝の嘉慶帝の20年(1815年)に、蓮河宮殿の建設の歴史的文書を記録するために蓮河宮殿の記念碑が再建されました
清王朝の嘉慶帝の20年(1815年)に、蓮河宮殿の建設の歴史的文書を記録するために蓮河宮殿の記念碑が再建されました

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點