メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

台北市福景宮

台北市福景宮
 
台北市福景宮は、福徳正神を主神として祀る廟で
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 台北市大安区光復南路698号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 121.55723,25.02973
指定機関: 台北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

台北市の繁華街に位置する福景宮は、福徳正神を主神として祀る廟で、大正時代(1921年)に建設されました。当初は元の瑠公圳の灌漑範囲にあり、地元の人たちから「水を守る土地公」と見なされていました。また、瑠公圳の灌漑用支流の小さな水門(「石景仔」)に近いため、「石景仔土地公」とも呼ばれています。 現在は福景宮は臨江観光夜市や信義商圏に近い基隆路と光復南路の交差点付近にあります。この土地は1979年に信者たちが熱心に募金して水利会から買い取り、整備したものです。廟の本体は三開間(柱が4本立つ広さ)の建物で、四対のテラゾの龍柱や花鳥柱、美しい交趾焼、精巧な木造の祭壇が保存されています。福景宮は地域の開拓の歴史を見届けてきただけでなく、建物そのものもすばらしい芸術的価値を有していると言えます。

發展源流

主要特色


台北市の繁華街にある通華ナイトマーケット近くの富士宮に位置し、寺院の前には頻繁に交通があります。
台北市の繁華街にある通華ナイトマーケット近くの富士宮に位置し、寺院の前には頻繁に交通があります。
画家林順廷の作品(生年不明)
画家林順廷の作品(生年不明)
大工の黄ギリ(1903-1995)が作った神社
大工の黄ギリ(1903-1995)が作った神社
雄大でリアルな「堆灰獅子」も、陳天乞の作品です。
雄大でリアルな「堆灰獅子」も、陳天乞の作品です。
陳世仁は、蔣銀墻のスタイルを模倣し、砥石のドラゴンの柱を作りました。
陳世仁は、蔣銀墻のスタイルを模倣し、砥石のドラゴンの柱を作りました。
「松鶴延年」は陳天乞によって作成され、陳世仁によって修理された接着剤をカットしました
「松鶴延年」は陳天乞によって作成され、陳世仁によって修理された接着剤をカットしました
陳天乞が製作し、陳世仁が修理した「竹鹿得祿」カットスティック
陳天乞が製作し、陳世仁が修理した「竹鹿得祿」カットスティック
陳天乞(1906-1991)は鉄の骨の泥の胚を打ち負かし、陳世仁(1951-AD)はトラのブロックを切りました
陳天乞(1906-1991)は鉄の骨の泥の胚を打ち負かし、陳世仁(1951-AD)はトラのブロックを切りました
陳天乞(1906-1991)は鉄の骨の泥の胚を打ち負かし、陳世仁(1951-AD)はドラゴンブロックを切ります
陳天乞(1906-1991)は鉄の骨の泥の胚を打ち負かし、陳世仁(1951-AD)はドラゴンブロックを切ります

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點