メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

延平基督教会

延平基督教会
 
日本統治時代に建てられたゴシック風の教会堂が保存され、台北市の古跡に指定
文化財分類: 史跡
所在地: 台北市大同区延平北路2段247巷5号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 121.51268,25.06240
指定機関: 台北市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

延平基督教会の場所には、元は日本聖教会の宣教教会がありました。元の教会堂は昭和12年(1937年)に建てられたものですが、1947年に林天生牧師と李幇助牧師の呼びかけで改築され、1957年には「延平基督教会」と改名されました。このように、延平基督教会は聖教会の宣教の歴史を体現している重要な文化遺産です。場所は大橋頭にほど近い太平市場内にあり、周囲を市場の店が取り囲んでいて、地域の発展とも密切な関係があります。 建物はゴシック風赤煉瓦造りで、洗い出し工法によって装飾され、塔もあります。屋根には元は小さな尖頂がありましたが、後に十字架に付け替えられました。入り口には尖塔アーチの門が、階上には牛目窓が設けられ、煉瓦壁、控え壁、尖塔アーチの窓等も残されています。20世紀初頭の台北市内における洋式建築の変遷を見守ってきた延平基督教会は、各時代の建築技術の流派の特色が十分に表れており、歴史的にも建築芸術的にも貴重な文化遺産となっています。

發展源流

主要特色


太平小学校前の歩道には、延平キリスト教会の行ないを物語る銅の床タイルが歴史を生活に溶け込ませ、地域のイメージに溢れています。
太平小学校前の歩道には、延平キリスト教会の行ないを物語る銅の床タイルが歴史を生活に溶け込ませ、地域のイメージに溢れています。
教会の週末の礼拝の後に聖歌を歌うという現在の状況には、人々を集める力があります
教会の週末の礼拝の後に聖歌を歌うという現在の状況には、人々を集める力があります
昭和12年(1937年)に建てられた教会の表彰台は、元の外観を維持し、牧師による礼拝や説教に使用されています
昭和12年(1937年)に建てられた教会の表彰台は、元の外観を維持し、牧師による礼拝や説教に使用されています
昭和12年(1937)に建てられたセンターピラートラスは、空間の換気によりデザインが保存されています。
昭和12年(1937)に建てられたセンターピラートラスは、空間の換気によりデザインが保存されています。
1947年の改修工事で、三葉天井扇風機(電気エネルギーを利用して羽根を駆動する機械扇風機)が教会に設置されました。細部やスタイルは1940年代のスタイルに溢れ、現在も使用されています。 。
1947年の改修工事で、三葉天井扇風機(電気エネルギーを利用して羽根を駆動する機械扇風機)が教会に設置されました。細部やスタイルは1940年代のスタイルに溢れ、現在も使用されています。 。
クリスチャントリニティのコンセプトデザインを取り入れた尖頭アーチの窓。 三位一体は、父、子、聖霊が完全な神であり、すべてが一つの神であるというキリスト教の教義の一般的な用語です。 尖頭アーチの窓は長くて狭い比率ですが、光が少なく、教会の雰囲気にも適しています
クリスチャントリニティのコンセプトデザインを取り入れた尖頭アーチの窓。 三位一体は、父、子、聖霊が完全な神であり、すべてが一つの神であるというキリスト教の教義の一般的な用語です。 尖頭アーチの窓は長くて狭い比率ですが、光が少なく、教会の雰囲気にも適しています
もともとはゴシック様式の屋根でしたが、台風で被害を受けた後、十字架に変わり、特徴のひとつになりました。
もともとはゴシック様式の屋根でしたが、台風で被害を受けた後、十字架に変わり、特徴のひとつになりました。
教会の欄干の壁にあるブルアイ窓は、教会で一般的に見られる特徴的な窓の1つであり、換気機能を備えています。
教会の欄干の壁にあるブルアイ窓は、教会で一般的に見られる特徴的な窓の1つであり、換気機能を備えています。
教会全体の外観は石洗い法で作られています。石洗いは人工石の一種で、セメントの一部をウォータージェットで手作業で洗い流し、小さな石の粒子を露出させます。
教会全体の外観は石洗い法で作られています。石洗いは人工石の一種で、セメントの一部をウォータージェットで手作業で洗い流し、小さな石の粒子を露出させます。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點