メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

金沙鎮沙美万安堂

金沙鎮沙美万安堂
 
金沙鎮沙美万安堂は700年以上の歴史があります
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 金門県金沙鎮汶沙里沙美勝利路15号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 118.41179,24.49126
指定機関: 金門県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

金沙鎮沙美万安堂は、金門県金沙地域住民の信仰の中心地であり、金沙祭祀圏の主廟です。『金門県誌』によれば、その創建は元朝(1271-1368年)に遡り、700年以上の歴史があります。三度の改修を経た現在の廟は、美しい彩色画のタイルや木の装飾、石彫などが施され、金門の地域的特色や民間芸術の特徴が反映された、文化的意義の深い建築物となっています。 金沙鎮沙美万安堂は仏教と道教が融合した廟です。2003年に金門県の歴史建築に指定された後、周辺に涵源宮財神公園・大士宮地蔵公園・浩気長存三忠公園・歴代名家心経園・金沙鎮沙美万安堂起源地記念公園などが次々に建設され、最後に2014年に内閣三忠廟が完成しました。有名な宗教行事も多数行われ、台湾の寺廟において造形的に最も斬新な宗教園区を形成しています。

發展源流

主要特色


2015年に完成した白い馬に乗った宝生天皇の石像とワンアンタンオリジン記念公園
2015年に完成した白い馬に乗った宝生天皇の石像とワンアンタンオリジン記念公園
トゥアスパレス地蔵公園の外観
トゥアスパレス地蔵公園の外観
金沙鎮の沙明万安館の隣に18体の富神の石像が集まる富神公園
金沙鎮の沙明万安館の隣に18体の富神の石像が集まる富神公園
金沙鎮沙美萬安堂の三忠廟の内部礼拝堂
金沙鎮沙美萬安堂の三忠廟の内部礼拝堂
サメドワンアンホールに所属する三中寺は、丸い空と円を描くように設計されており、伝統的な宮殿や寺院の様式とは異なり、宮殿と記念碑の二重の性質を持っています。
サメドワンアンホールに所属する三中寺は、丸い空と円を描くように設計されており、伝統的な宮殿や寺院の様式とは異なり、宮殿と記念碑の二重の性質を持っています。
清代同治帝9年(1870年)の「万安ホール」の盾
清代同治帝9年(1870年)の「万安ホール」の盾
ワンアンタンのタイルコラージュは、バケツのレンガの壁と調和しており、シンプルさを感じさせます。
ワンアンタンのタイルコラージュは、バケツのレンガの壁と調和しており、シンプルさを感じさせます。
多くの神々を祀る万安館の本堂は、道教の多神教の特徴を表しています。
多くの神々を祀る万安館の本堂は、道教の多神教の特徴を表しています。
寺院の壁の下端は花崗岩のスラットで積み重ねられ、上端はレンガの壁で構築され、家の下端はバケツで構築されたレンガの壁です。上端はタイルで塗装され、リフティングビームとハードマウンテンパーリン。
寺院の壁の下端は花崗岩のスラットで積み重ねられ、上端はレンガの壁で構築され、家の下端はバケツで構築されたレンガの壁です。上端はタイルで塗装され、リフティングビームとハードマウンテンパーリン。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點