メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

豊蓮山牧馬侯祠

豊蓮山牧馬侯祠
 
清代建築の特徴がよく保存されている
文化財分類: 史跡
所在地: 金門県金城鎮山字第3121地号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 118.32239,24.42073
指定機関: 金門県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

豊蓮山牧馬侯祠は金門県庵前村の豊蓮山の左の山麓に立ち、別名「孚済廟」とも呼ばれています。創建時期は唐宋時代に遡ることができます。元末の順帝の至元年間(1336年ごろ)に倭寇が浯洲(金門県)に侵入した際、牧馬侯の陳淵(生没年不詳)が現れて倭寇を撃退し、民を守りました。そこで、朝廷は豊蓮山に七進(平行した7棟の殿宇)の神殿を建てて祀るとともに「孚済」の額を賜り、陳淵を福佑聖侯に封じたとされています。創建以来、何度も修繕や改修が行われましたが、残念なことに明末に倒壊してしまい、清の道光23年(1843年)に、現在の三進(平行した3棟)の廟として再建されました。今でも清代建築の特徴がよく保存されています。 豊蓮山牧馬侯祠は、住民にとって単にお参りに行ったり祭りを行ったりする場所であるだけでなく、生活の中における精神的な支えともなっています。その重要性は、建物そのものの現実的な利用価値にとどまらず、歴史や文化を広めるという教育的側面においても重要な意義があります。たとえ異郷に移住しても、傍らで人々を守ってくださるよう人々は願います。また、金門の1200年以上にわたる発展の歴史を今に伝えています。

發展源流

主要特色


寺院の「エンゼウダオ」の盾
寺院の「エンゼウダオ」の盾
寺院の門にある「ムーマホウ寺院」の盾、寺院の碑文は異なり、一見の価値があります
寺院の門にある「ムーマホウ寺院」の盾、寺院の碑文は異なり、一見の価値があります
両側に龍と虎の井戸(中庭)があり、金門の伝統的な寺院の模様とは異なります。
両側に龍と虎の井戸(中庭)があり、金門の伝統的な寺院の模様とは異なります。
切妻の「右白虎」のカットアンドスティックアート
切妻の「右白虎」のカットアンドスティックアート
切妻「左青龍」をカットして貼り付けるアート
切妻「左青龍」をカットして貼り付けるアート
本堂の瓦はスラブ瓦よりも重く、金門の潮風が強く、伝統的な建物はほとんどが管状の瓦です。
本堂の瓦はスラブ瓦よりも重く、金門の潮風が強く、伝統的な建物はほとんどが管状の瓦です。
陳元は元王朝の宮廷から「富士」を授与され、寺院には「富士」の飾り板もあります。
陳元は元王朝の宮廷から「富士」を授与され、寺院には「富士」の飾り板もあります。
清王朝の玄通1年(1909年)、「牙明記念碑を再建するための碑文を寄贈」、碑文の「嘉鄭」という言葉は、ビジネスで成功している華僑を導きます
清王朝の玄通1年(1909年)、「牙明記念碑を再建するための碑文を寄贈」、碑文の「嘉鄭」という言葉は、ビジネスで成功している華僑を導きます
清王朝23年(1843)に建てられ、鄭永西(1788-1858)によって「エンワン王の記念碑を再生するための称号を授与された」と書かれています。
清王朝23年(1843)に建てられ、鄭永西(1788-1858)によって「エンワン王の記念碑を再生するための称号を授与された」と書かれています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點