メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

双忠廟

双忠廟
 
双忠廟は間口が3開間(柱が4本立つ幅)
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 嘉義市東区忠孝路88号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.45451,23.47910
指定機関: 嘉義市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

唐の安史の乱の睢陽の戦いで命を落とした忠臣・張巡(709-757年)と許遠(709-757年)を祀っていることから、「双忠廟」と名付けられました。また、元帥廟、睢陽廟とも呼ばれています。その歴史は古く、『諸羅県志』によると清の康熙28年(1689年)の創建とされ、諸羅山(嘉義市)最初の廟として称えられています。 現在の廟は、1945年に地元の有力者の呼びかけで改築されたもので、主要な建物は幅三開間(柱が4本)の単落(中央に1棟)の配置です。堂内の明間(中央の部屋)の祭壇には張巡と許遠の神像が並んでいます。廟内に祀られている神像の中でも、最も不思議な伝説を持つのが神馬です。この廟の特色は、主に装飾の技法に見られます。前軒の柱は羅雹(生没年不詳)がテラゾー工法で製作した龍柱です。向かい合った壁にある壁堵(壁の装飾)は交趾焼で、それぞれ林添木(1912-1987年)が龍を、陳専友(1912-1982年)が虎を製作しました。

發展源流

主要特色


本堂の明室では、後部の2本の柱の間に神社の神社となる仕切りが設置されていました。
本堂の明室では、後部の2本の柱の間に神社の神社となる仕切りが設置されていました。
双忠廟は一重の建物で、建物の構造はバケツ型です。
双忠廟は一重の建物で、建物の構造はバケツ型です。
双忠廟に祀られている虎卿は、多くの神々とともに、双鐘鎮の神々の集まりを構成しています。
双忠廟に祀られている虎卿は、多くの神々とともに、双鐘鎮の神々の集まりを構成しています。
右側の壁の前に祀られている紙貼りの馬は、農作業を盗んだと言われているため、馬を囲むために柵を設置しました。
右側の壁の前に祀られている紙貼りの馬は、農作業を盗んだと言われているため、馬を囲むために柵を設置しました。
日本の昭和占領7年(1932年)の神の食卓は、何年にもわたる洗礼の後、さらに貴重なものになりました。
日本の昭和占領7年(1932年)の神の食卓は、何年にもわたる洗礼の後、さらに貴重なものになりました。
双忠廟は張勲と徐元を祀っており、神社には2体の神像が並んで祀られています。
双忠廟は張勲と徐元を祀っており、神社には2体の神像が並んで祀られています。
砥石工法で作られた羅海の龍柱。 石洗いの名工の技を披露
砥石工法で作られた羅海の龍柱。 石洗いの名工の技を披露
右側の虎のブロックは陳朱安陽が作り、正面の正面の壁は双鐘鎮の特徴である交趾陶器を作るためにさまざまな職人から依頼されました
右側の虎のブロックは陳朱安陽が作り、正面の正面の壁は双鐘鎮の特徴である交趾陶器を作るためにさまざまな職人から依頼されました
左の龍のブロックは林天武が作り、前段の反対側の壁は双鐘鎮の特徴である交趾陶器を作るためにさまざまな職人から依頼されました
左の龍のブロックは林天武が作り、前段の反対側の壁は双鐘鎮の特徴である交趾陶器を作るためにさまざまな職人から依頼されました

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點