メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

鳳山龍山寺

鳳山龍山寺
 
拝亭つき両落(中央に平行した2棟)と護龍(脇の建物)の配置となっている
文化財分類: 史跡
所在地: 高雄市鳳山区和德里中山路7号
登録告示年月日: 2021/09/13
経緯度: 120.36205,22.62066
指定機関: 文化部

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

鳳山龍山寺は清の乾隆年間初頭に建立されました。ある時、泉州出身の人がこの場所を通りかかり、井戸水を汲もうと思って、身に着けていたお守り袋を井戸の横のザクロの木に掛けました。夜になると、お守り袋は不思議な光を放ちました。そこで、人々はザクロの木を切って観音菩薩の像を造り、井戸の上に寺を建てたのです。 現在の鳳山龍山寺は、清代の鳳山県新城大東門の横にあります。建物の配置は北向きの両落(平行した2棟)と護龍(左右2棟)、拝亭となっています。中心線にある建物は清代の配置がそのまま残されていますが、左右の護龍は1987年に改築されたものです。三川門と正殿の間には拝亭があり、三川殿、拝亭、正殿と続く連続した空間となっています。三川門の幅は三開間(幅が柱4本)で、明間(中央の部屋)が奥に下がり、次間(左右の部屋)が突き出て、向かい合った扉が付いた凹字型の建物になっています。この様式は「凹寿式」と呼ばれています。木造と石造を組み合わせた外観は、清代初期の寺院建築の特徴を残す珍しいものです。

發展源流

主要特色


周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點