メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

聖奥徳天主堂

聖奥徳天主堂
 
Front view of St. Augustine Church.
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 嘉義市東区忠孝路505号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.45128,23.49674
指定機関: 嘉義市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

聖奥徳天主堂はオランダ人の畢耀遠神父(Rev. Pierrot Antoine、1923-2019年)が資金を募り、メキシコ系アメリカ人の芸術家バルボア氏(Francisco Borboa、1923年)が設計して、嘉義市の中心街に建設されました。「祈りの手」をコンセプトに、合わせた両手を横から見た形を、屋根が一方向に傾く片流れ式建築で表現しています。また、装飾にはモザイク、ステンドグラス、アクリル、グラスファイバーなどさまざまな素材を組み合わせ、この地における東西の融合を示すなど、創意に満ちており、見る者に深い味わいを感じさせます。聖奥徳天主堂は、1950年代の台湾におけるカトリック宣教の歴史、オランダ神父の伝道の足跡を見守ってきました。台湾で初めてモザイクアートを用いた教会堂でもあり、「南台湾で最も美しい教会堂」とも呼ばれる聖奥徳天主堂は、西洋の宗教・芸術など貴重な価値に満ちた文化遺産と言えます。

發展源流

主要特色


「ランゴールド夫人の祖先へのオマージュ」記念の石のタブレットは、この国境を越えた優しさと運命を証明しています
「ランゴールド夫人の祖先へのオマージュ」記念の石のタブレットは、この国境を越えた優しさと運命を証明しています
ある日、聖アウグスティヌスは子供と会話し、新約聖書を読みました。「ごちそう、酔って、邪悪で、嫉妬しないでください。常に主イエス・キリストを身に着けてください。」これはその場面のプレゼンテーションです。
ある日、聖アウグスティヌスは子供と会話し、新約聖書を読みました。「ごちそう、酔って、邪悪で、嫉妬しないでください。常に主イエス・キリストを身に着けてください。」これはその場面のプレゼンテーションです。
初期の西洋の神学者および哲学者である聖アウグスティヌスの像(Aurelius Augustine; 354-430 AD)
初期の西洋の神学者および哲学者である聖アウグスティヌスの像(Aurelius Augustine; 354-430 AD)
ボブ氏は、聖家族(聖家族:聖ヨセフ、聖母子イエス)のシンプルで温かみのある肖像画を描きました。
ボブ氏は、聖家族(聖家族:聖ヨセフ、聖母子イエス)のシンプルで温かみのある肖像画を描きました。
告白式典に使用される、カトリック施設で一般的に見られる聖オードのカトリック教会の告白パビリオン
告白式典に使用される、カトリック施設で一般的に見られる聖オードのカトリック教会の告白パビリオン
主イエス・キリストが人々のために自発的に十字架に釘付けにされた物語を語る、主の愛する人々の12のアイコンの1つ
主イエス・キリストが人々のために自発的に十字架に釘付けにされた物語を語る、主の愛する人々の12のアイコンの1つ
カトリックのニッチ(聖体ニッチとしても知られています)は、聖人に捧げられた聖体を表し、イエスの真の存在を証明し、叙階され​​た司祭である司祭の神聖な権利を表します
カトリックのニッチ(聖体ニッチとしても知られています)は、聖人に捧げられた聖体を表し、イエスの真の存在を証明し、叙階され​​た司祭である司祭の神聖な権利を表します
聖書の群れを率いることは、宗教指導者と大衆との関係を表すことができます。写真の「すべての国の母」と地球は、カトリックにおける聖母マリアの重要性を示しています。
聖書の群れを率いることは、宗教指導者と大衆との関係を表すことができます。写真の「すべての国の母」と地球は、カトリックにおける聖母マリアの重要性を示しています。
主イエス・キリスト、聖母、弟子の聖ヨハネの彫像、全体の空間はわずかに傾斜しており、モザイクタイルの十字架と台形の壁との視覚的なバランスを実現しています。
主イエス・キリスト、聖母、弟子の聖ヨハネの彫像、全体の空間はわずかに傾斜しており、モザイクタイルの十字架と台形の壁との視覚的なバランスを実現しています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點