メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

新竹金山寺

新竹金山寺
 
建物は間口が3開間(柱が4本立つ幅)で、単落(中央に1棟のみ)及び左右に護龍(脇の建物)という配置となっている
文化財分類: 史跡
所在地: 新竹市東区仙水里金山201号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.01527,24.77782
指定機関: 新竹市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

新竹金山寺は、新竹サイエンスパーク内の「金山面」という場所にあります。「金山面」という地名は、山の形が「金」や「人」の字に似ているため、風水で縁起のよい「形開金面」という言葉から取って「金山面」と名付けられたものです。清の乾隆・嘉慶年間、この地に入植した漢人たちは、ここに観音様を祀って開拓の安全を祈りました。その後、清の咸豊3年(1853年)、郭家が土地を寄付して「香蓮庵」という草庵を建てました。その後も何度も改築、改名されましたが、明治29年(1896年)の改築後に「金山寺」と改名されました。 金山寺の主要建築は西北向きに建てられ、単落三開間(中央に1棟あり、幅は柱が4本の広さ)と左右の護龍(両側の部屋)という配置です。正殿の明間(中央の部屋)には観音菩薩・韋駄天・伽藍神・十八羅漢・太歳星君が祀られ、左の護龍には註生娘娘が、右の護龍には九玄七祖の位牌が祀られています。

發展源流

主要特色


後ろの軒の壁には釈迦牟尼仏の物語が描かれており、左から右に仏陀に宮殿に戻るよう説得し、仏陀の誕生と施しを捧げる4人の王が描かれています。3つの描かれたテーマは釈迦牟尼仏に対応しています。
後ろの軒の壁には釈迦牟尼仏の物語が描かれており、左から右に仏陀に宮殿に戻るよう説得し、仏陀の誕生と施しを捧げる4人の王が描かれています。3つの描かれたテーマは釈迦牟尼仏に対応しています。
新竹金山寺は1981年(1992年)に大興ホールを建設しました。
新竹金山寺は1981年(1992年)に大興ホールを建設しました。
市庁舎にある観音菩薩の像は、1986年に中華民国(神を作るための古代の名前)で作られました。
市庁舎にある観音菩薩の像は、1986年に中華民国(神を作るための古代の名前)で作られました。
本体にはレンガの四角柱を使用しており、他の寺院で使用されている木製の柱や石の柱とは異なります。
本体にはレンガの四角柱を使用しており、他の寺院で使用されている木製の柱や石の柱とは異なります。
前面は3つのコンパートメントを備えた幅広で、ファサードはパネルドアとパーティションの組み合わせを採用しています
前面は3つのコンパートメントを備えた幅広で、ファサードはパネルドアとパーティションの組み合わせを採用しています
台湾の民俗信仰では、観音菩薩と十八羅漢が一緒に祀られていることが多く、神山寺は本体両側の壁に沿って十八羅漢を祀っています。
台湾の民俗信仰では、観音菩薩と十八羅漢が一緒に祀られていることが多く、神山寺は本体両側の壁に沿って十八羅漢を祀っています。
龍を守る屋根はスラブで覆われ、馬の切妻は火の形をした馬の背で、形はシンプルです。
龍を守る屋根はスラブで覆われ、馬の切妻は火の形をした馬の背で、形はシンプルです。
ダイニングテーブルは、古代の不器用な活力の魅力を備えた石の八角形の柱です。 石柱には「清朝大咸豊帝中咸豊帝の咸豊尼僧院」と「元張泉南文弟子の弟子である牙紫秦が贈ったもの」が刻まれており、寺院には僧侶がいたため、食卓が設置されました。僧侶が食事の儀式を行うために。
ダイニングテーブルは、古代の不器用な活力の魅力を備えた石の八角形の柱です。 石柱には「清朝大咸豊帝中咸豊帝の咸豊尼僧院」と「元張泉南文弟子の弟子である牙紫秦が贈ったもの」が刻まれており、寺院には僧侶がいたため、食卓が設置されました。僧侶が食事の儀式を行うために。
新竹金山寺に保存されている食卓と獅子は、金山寺の重要な文化財です。
新竹金山寺に保存されている食卓と獅子は、金山寺の重要な文化財です。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點