メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

香山天后宮

香山天后宮
 
建物は間口が3開間(柱が4本立つ幅)の二進(平行した2棟)二回廊の配置となり、山を背けて海に面する
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 新竹市香山区朝山里8隣中華路5段420巷191号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.91456,24.76933
指定機関: 新竹市

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

新竹市の香山天后宮は、香山地域53村の人々が信仰する重要な廟の一つで、天上聖母(航海の守護神・媽祖)を主神として祀っています。100年以上の歴史を持つ香山天后宮の存在は、香山地域の発展と深く関わってきただけでなく、新竹城とも交流がありました。現在の建物は日本統治時代に改修されたもので、その建物も、内部に納められた新竹の文人の書画、商会の扁額、西洋式の柱頭を持つ石柱、祭壇前の鎮殿千順将軍(千里眼・順風耳)の塑像といった品々も、非常に手の込んだものです。 廟の中には台湾では珍しい彫刻技法を使った軟身媽祖と虎爺神像があり、いずれも天后宮の信仰にとってかけがえのない宝物です。香山天后宮は地元の信仰の中心であるだけでなく、地理的にも恵まれており、近隣にある美しい海岸線を眺望することができます。また、廟前には、天后宮とともに当時の新竹の繁栄を見守ってきた香山港古堤があります。

發展源流

主要特色


戦後、南京天妃宮の左衛門は、九天の深遠な少女と神々を祀るために再建されました。
戦後、南京天妃宮の左衛門は、九天の深遠な少女と神々を祀るために再建されました。
清朝の光緒時代、郊外の世帯主である昌河鈴木は、天宝寺前の香山港の貿易と当時の新中の貿易との関係を理解するために、銘板「靈昭海國」を贈呈しました。 。
清朝の光緒時代、郊外の世帯主である昌河鈴木は、天宝寺前の香山港の貿易と当時の新中の貿易との関係を理解するために、銘板「靈昭海國」を贈呈しました。 。
神々への捧げ物に関しては、神々は空の聖母マリア、朱生皇后の女神、そして幸運の神に崇拝されています。 メインホールには、ジェンディアンマと梅州マズの2つのソフトボディマズがあります
神々への捧げ物に関しては、神々は空の聖母マリア、朱生皇后の女神、そして幸運の神に崇拝されています。 メインホールには、ジェンディアンマと梅州マズの2つのソフトボディマズがあります
香山天后宮の建築パターンは、2つの入り口と2つの廊下で、3つの部屋が向かい合っています。
香山天后宮の建築パターンは、2つの入り口と2つの廊下で、3つの部屋が向かい合っています。
写真の石柱は鄭公城(1860-1923 AD)によって刻まれています。寺院の石柱のほとんどは新中の鄭家に捧げられています。新中の鄭家と天宝の深い関係を理解することができます。寺。
写真の石柱は鄭公城(1860-1923 AD)によって刻まれています。寺院の石柱のほとんどは新中の鄭家に捧げられています。新中の鄭家と天宝の深い関係を理解することができます。寺。
本堂の石柱の洋風グリッドは、現代建築デザインに多くの洋風が融合したもので、寺院の建物に多様な外観を与えています。
本堂の石柱の洋風グリッドは、現代建築デザインに多くの洋風が融合したもので、寺院の建物に多様な外観を与えています。
石柱の頭は蓮の花のような形をしており、寺院の柱の特徴です。
石柱の頭は蓮の花のような形をしており、寺院の柱の特徴です。
これは、101年(2012年)の南京天妃宮の修復に関する碑文です。上記は、翔山天妃宮の修復にとって重要な記録である多くの寄付記録を記録しています。
これは、101年(2012年)の南京天妃宮の修復に関する碑文です。上記は、翔山天妃宮の修復にとって重要な記録である多くの寄付記録を記録しています。
正面玄関の両側にある石柱の二行連句は、新中(1880〜1930)の有名な書道家である鄭徐義によって書かれ、彼の寄付と署名も新中鄭家に捧げられました。
正面玄関の両側にある石柱の二行連句は、新中(1880〜1930)の有名な書道家である鄭徐義によって書かれ、彼の寄付と署名も新中鄭家に捧げられました。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點