メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

施公祠と万軍井

施公祠と万軍井
 
伝統的な三合院の配置となっている
文化財分類: 史跡
所在地: 澎湖県馬公市中央里中央街1巷(施公祠10号,萬軍井11号旁)
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 119.56441,23.56480
指定機関: 澎湖県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の康熙20年(1681年)、福建水軍提督・施琅(1621-1696年)の軍が台湾を攻め落とすと、清の朝廷はその功績を称えて施琅を靖海候に封じるとともに、澎湖に生祠(生前に建てる祠)の施将軍廟を建てました。廟は旧称媽宮澳東街の海壇館(水兵の会館)の隣にありました。 清の道光12年(1832年)以降、施将軍廟では施琅のほか、殉職した将兵の位牌も祀るようになり、施将軍廟は施公祠(祠では死者の霊を祀る)となりました。今日の施公祠は大正3年(1914年)に移築されたものです。もともと施公祠があった土地が日本政府に収用されたため、施琅の部下の子孫の項秀明(生没年不詳)によって、隣の海壇館ともども、従来水兵の炊事場だった場所に再建されたのです。 施公祠の斜向かいには万軍井という古井戸があります。万軍井の由来は諸説ありますが、施琅が台湾を攻めるにあたり、数万の兵馬の飲み水を確保するため、宝剣で地を切り裂いて井戸を作り、兵士の士気を鼓舞したという言い伝えがあります。

發展源流

主要特色


謝将軍は福州の影響を受けます、彼の顔は緑です
謝将軍は福州の影響を受けます、彼の顔は緑です
清王朝の道光帝22年(1842年)の大媽宮天后からのバルサミコ油の女神の石碑
清王朝の道光帝22年(1842年)の大媽宮天后からのバルサミコ油の女神の石碑
古代の石碑は、清王朝の道光帝の23年(1843年)に石公寺に再建されました。
古代の石碑は、清王朝の道光帝の23年(1843年)に石公寺に再建されました。
明治31年(1898年)にハイタン町の兵士から贈られた「風八尾海山」の盾
明治31年(1898年)にハイタン町の兵士から贈られた「風八尾海山」の盾
清王朝の道光帝15年(1835年)に澎湖水教師協会の副総長であるZhanGongxianによって贈られた盾
清王朝の道光帝15年(1835年)に澎湖水教師協会の副総長であるZhanGongxianによって贈られた盾
石公寺の右側には、「張冰の反乱」で亡くなった兵士が追加されました。
石公寺の右側には、「張冰の反乱」で亡くなった兵士が追加されました。
施琅の神の像;施琅はもともと施琅と呼ばれ、崇拝されていた施琅は施琅でした。
施琅の神の像;施琅はもともと施琅と呼ばれ、崇拝されていた施琅は施琅でした。
ファサードを使用して、3つのゲートと6つのサッシュを作成します
ファサードを使用して、3つのゲートと6つのサッシュを作成します
萬軍井は、施井、大井、師泉井としても知られています。
萬軍井は、施井、大井、師泉井としても知られています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點