メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

台廈郊会館

台廈郊会館
 
台廈郊会館は間口が3開間(柱が4本立つ幅)の2階建て建築物
文化財分類: 史跡
所在地: 澎湖県馬公市中央里中山路6巷9号
登録告示年月日: 2021/11/10
経緯度: 119.56429,23.56385
指定機関: 澎湖県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

台廈郊会館は、澎湖県馬公市にあります。馬公は古くは媽宮と書きました。台廈郊会館の建っている場所は、かつては渡頭街あるいは水仙宮街と呼ばれており、媽宮の繁華街の一つでした。「郊」とは清代の商業ギルドのことであり、台廈郊は台湾・澎湖・廈門の間で貿易を行う商人が設立したギルドで、台郊は金利順、廈郊は金長順によって組織されました。創立年代は不明ですが、清の乾隆・嘉慶年間(1735-1820年)にはすでに存在していたと考えられます。水仙宮は、清の光緒元年(1875年)には台廈郊の会館となっていました。 清の康熙35年(1696年)に建設された水仙宮は、澎湖四大古廟の一つに数えられています。その後、何回かの改築を経て、明治33年(1900年)に「台廈郊実業会館」と改名されました。そして、昭和4年(1929年)の改築で幅三開間(柱が4本)の2階建てとなり、1階は台廈郊の事務所、2階が水仙尊王(海の神様)や天上聖母(航海の守護神・媽祖)などを祀る水仙宮となりました。

發展源流

主要特色


壮観で歴史的な錫炉
壮観で歴史的な錫炉
ひさしに掛けられた花管飾り
ひさしに掛けられた花管飾り
台廈郊会館の屋根と切妻は美しいです
台廈郊会館の屋根と切妻は美しいです
昭和4年(1929)のホールのプラーク
昭和4年(1929)のホールのプラーク
清王朝の道光帝5年目のプラーク(1825年)
清王朝の道光帝5年目のプラーク(1825年)
水仙宮殿としても知られる台廈郊会館は、5つの水仙の王に捧げられています
水仙宮殿としても知られる台廈郊会館は、5つの水仙の王に捧げられています
もともと2階に祀られていた彫像が1階に移されます
もともと2階に祀られていた彫像が1階に移されます
日本昭和10年(1935 AD)連句
日本昭和10年(1935 AD)連句
1階は台湾と厦門の郊外のオフィスとして使用されます
1階は台湾と厦門の郊外のオフィスとして使用されます

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點