メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

富源保安宮

富源保安宮
 
富源保安宮の正面図
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 花蓮県瑞穂郷富民村中正路1段239号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 121.37580,23.57634
指定機関: 花蓮県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

花蓮県の富源保安宮は漢人の東部開拓の歴史と深い関わりがあります。清の光緒14年(1888年)、清軍総理の謝芳栄(生没年不詳)は、民衆の心のよりどころとして抜仔荘地域に小屋を建て、城隍神を祀りました。この城隍神が冥界の保安を取り仕切っていることから、この廟は保安宮と呼ばれ、地域にとって重要な信仰の中心となりました。 木造風RC構造の建物には日本統治時代のスタイルが見られ、歴史・文化的にも重要です。また、台北市大稲埕と同じく、福建省泉州府同安県をルーツとする廟で、霞海府城隍と同じ系統に属し、台湾においては新竹都城隍廟に次ぐ格の高い廟です。多様なルーツの人々が住む抜仔荘において、富源保安宮の存在は特別な意味を持っています。現在でも「暗訪(夜に神様が市内を巡る)」の風習が続いており、また、大鼓陣のパレードは教育的な意義も持つ毎年恒例の一大イベントとなっています。

發展源流

主要特色


大龍峒保寺には、城隍神の本堂の写真があります。
大龍峒保寺には、城隍神の本堂の写真があります。
山門の外観には、廟号、二行連句、色絵、石彫りが埋め込まれており、シンプルさとシンプルさを感じさせます。
山門の外観には、廟号、二行連句、色絵、石彫りが埋め込まれており、シンプルさとシンプルさを感じさせます。
本堂は花蓮の名物である大理石でできており、床には地元の特徴があります。
本堂は花蓮の名物である大理石でできており、床には地元の特徴があります。
日本統治時代に建てられた「拔子湯氏阿妹」が贈った石獅子。伝統的な寺院では、石獅子は悪霊を追い払う効果があると信じられていました。
日本統治時代に建てられた「拔子湯氏阿妹」が贈った石獅子。伝統的な寺院では、石獅子は悪霊を追い払う効果があると信じられていました。
「以刻字為神」というのは、初期の信者には能力がなかった習慣ですが、神を尊重する習慣でした。
「以刻字為神」というのは、初期の信者には能力がなかった習慣ですが、神を尊重する習慣でした。
盤古皇帝のカードは、武帝仙皇帝(神農大王)の神社にあります。これは非常に特別な慣習です。
盤古皇帝のカードは、武帝仙皇帝(神農大王)の神社にあります。これは非常に特別な慣習です。
多くの寺院には、犠牲のために鐘や太鼓が備え付けられています。これは、日本の占領中に作られた大きな太鼓です。
多くの寺院には、犠牲のために鐘や太鼓が備え付けられています。これは、日本の占領中に作られた大きな太鼓です。
多くの寺院には、犠牲のために鐘や太鼓が備え付けられています。これは、日本の占領中に作られた古代の鐘です。
多くの寺院には、犠牲のために鐘や太鼓が備え付けられています。これは、日本の占領中に作られた古代の鐘です。
台湾の伝統的な「左青龍と右白虎」では、通常、左の壁に龍のブロックが建てられています。上の写真は、1934年(西暦1934年)に村人によって作られた龍のブロックを示しています。
台湾の伝統的な「左青龍と右白虎」では、通常、左の壁に龍のブロックが建てられています。上の写真は、1934年(西暦1934年)に村人によって作られた龍のブロックを示しています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點