メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

万泉寺

万泉寺
 
万泉寺は鐘鼓楼つきの二落二廊(平行した2棟と廊下2本)の配置となっている
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 屏東県万丹郷寶厝村中興路2 段435 号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.48531,22.58058
指定機関: 屏東県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

屏東県の万泉寺の主要な建物は二落二廊(平行した2棟と2本の回廊)と鐘鼓楼で、前殿では玄天上帝を、後殿では観音菩薩を本尊として祀っています。清代の文献には、前殿は真武廟、後殿は観音宮あるいは観音寺と記されています。真武廟と観音宮はもともとは別々の廟と寺でしたが、清の嘉慶22年(1817年)、地元の名士の提案で改築され、両者が合併して万泉寺と呼ばれるようになったのです。 今日の万泉寺の主要な建物は戦後に建てられたもので、前殿に玄天上帝の巨大な塑像と周公、桃花女、温元帥、康元帥の神像があります。周公と桃花女を祀っているのは台湾の玄天上帝廟では珍しく、この寺の特色となっています。もう一つの特徴は、前殿の装飾です。1956年に建てられた際、檐廊(軒下の廊下)の左の龍側の壁に、洋服姿の西洋人の粘土人形や陶人形の装飾を施しました。寺や廟の装飾としては珍しいもので、これも万泉寺の特色と言えます。

發展源流

主要特色


写真は清朝の資料に記録されている玄武寺である正面玄関の様子です。
写真は清朝の資料に記録されている玄武寺である正面玄関の様子です。
台北市長張豐緒(1928-2014)によって提示された盾、張鳳徐はバンテンで生まれ、屏東郡で最初に選出された県令である張山中(1887-1965)の息子でした。
台北市長張豐緒(1928-2014)によって提示された盾、張鳳徐はバンテンで生まれ、屏東郡で最初に選出された県令である張山中(1887-1965)の息子でした。
万泉寺本館の平面レイアウトは、2つの回廊と2つの回廊に沿ったベルタワーとドラムタワーの建築パターンに属しており、前ホールと後ホールは回廊でつながっています。
万泉寺本館の平面レイアウトは、2つの回廊と2つの回廊に沿ったベルタワーとドラムタワーの建築パターンに属しており、前ホールと後ホールは回廊でつながっています。
清王朝17年(1837年)、観音菩薩を目撃した耳と耳のある四角い炉の石彫りは、清朝の道光帝にちなんで「万泉寺」と改名されました。
清王朝17年(1837年)、観音菩薩を目撃した耳と耳のある四角い炉の石彫りは、清朝の道光帝にちなんで「万泉寺」と改名されました。
後陣の両側の石庭は壁に沿った台座のセメントでできており、石庭の洞窟は十八羅漢の木彫りで祀られています。
後陣の両側の石庭は壁に沿った台座のセメントでできており、石庭の洞窟は十八羅漢の木彫りで祀られています。
奥のホールは清朝の観音菩薩の主神である観音の女神に捧げられています
奥のホールは清朝の観音菩薩の主神である観音の女神に捧げられています
フロントホールは、スアンティアン神、周公旦、ピーチブロッサムガール、ウェン元帥、カン元帥に捧げられています。
フロントホールは、スアンティアン神、周公旦、ピーチブロッサムガール、ウェン元帥、カン元帥に捧げられています。
正面玄関前の壁を見て石を洗い、ドラゴンやトラにブロックさせます
正面玄関前の壁を見て石を洗い、ドラゴンやトラにブロックさせます
正面玄関の本堂の上の尾根は、三人の不死者の共通のテーマではなく、玄天神の像で飾られています。主神をテーマにしたこの種の背骨の装飾は比較的まれです。その建築彫刻、色付き絵画や粘土の彫刻はほとんど残っています。植民地時代の外国人の特徴。
正面玄関の本堂の上の尾根は、三人の不死者の共通のテーマではなく、玄天神の像で飾られています。主神をテーマにしたこの種の背骨の装飾は比較的まれです。その建築彫刻、色付き絵画や粘土の彫刻はほとんど残っています。植民地時代の外国人の特徴。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點