メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

六堆天后宮

六堆天后宮
 
六堆天后宮は、内埔郷の重要な民俗信仰寺院です
文化財分類: 史跡
所在地: 屏東県内埔郷內田村広済路164号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.56642,22.61549
指定機関: 屏東県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の嘉慶8年(1803年)に創建された屏東県の六堆天后宮は六堆(高雄と屏東にある6つの客家人集落)最初の媽祖廟で、六堆の民間信仰においてきわめて重要な廟として100年にわたり信仰を集めています。この媽祖廟は、地域の発展と深い関係があり、廟に保管されている「奉憲封禁古令埔碑」は、異なるルーツを持つ集団の関係という意味でも、地方史においても、重要な史料です。清代には六堆から出兵する際には必ず六堆天后宮で必勝の誓いを立てました。温厚で母性を象徴する媽祖は、出征する兵士や地域住民にとって、安らかな暮らしを願う対象でした。 建物は清代に幾度か改修され、現在は両落(平行した2棟)と拝亭の配置となっています。拝亭は三川門と正殿の間にあり、その両側にはそれぞれ龍と虎の天井(内庭)があります。このような連続した空間配置は、台湾南部の廟によく見られるものです。日本統治時代の大正2年(1913年)の改修では、左側に廂房を増築したことにより隣の昌黎祠とつながり、今日の天后宮の姿となりました。

發展源流

主要特色


石龍の柱のラインはシンプルで優雅
石龍の柱のラインはシンプルで優雅
清王朝の嘉慶帝の20年(1815年)に、鳳山県の呉興城(生年と死年は不明)に捧げられた盾
清王朝の嘉慶帝の20年(1815年)に、鳳山県の呉興城(生年と死年は不明)に捧げられた盾
六堆天宝寺の香炉は、ハースストーンの上に置かれ、台湾の寺院では比較的珍しい古代の客家の習慣を守っています。
六堆天宝寺の香炉は、ハースストーンの上に置かれ、台湾の寺院では比較的珍しい古代の客家の習慣を守っています。
三川門にちりばめられた「奉賢封印ぐりんぷの石碑」は、日本占領期の国家史跡に指定されており、写真は石碑の様子を示しています。
三川門にちりばめられた「奉賢封印ぐりんぷの石碑」は、日本占領期の国家史跡に指定されており、写真は石碑の様子を示しています。
三川門、拜亭、および正殿のフレームは独立したシステムですが、梁で相互に接続されているため、三川門、拜亭、および正殿はまとまりのある空間を形成しています。
三川門、拜亭、および正殿のフレームは独立したシステムですが、梁で相互に接続されているため、三川門、拜亭、および正殿はまとまりのある空間を形成しています。
六堆天后宮寺院の左翼の所有者は観音仏を崇拝しました
六堆天后宮寺院の左翼の所有者は観音仏を崇拝しました
六堆天后宮のメインホールは、右側の福德正神に捧げられています
六堆天后宮のメインホールは、右側の福德正神に捧げられています
六堆天后宮のメインホールは、Zhushengの母親とその義母に捧げられています
六堆天后宮のメインホールは、Zhushengの母親とその義母に捧げられています
六堆天后宮のメインホール
六堆天后宮のメインホール

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點