メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

土庫順天宮

土庫順天宮
 
土庫順天宮は9部屋の幅があり、建物は壮大です
文化財分類: 史跡
所在地: 雲林県土庫鎮順天里中正路109号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.39070,23.67682
指定機関: 雲林県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

雲林県の土庫順天宮は土庫地域の信仰の中心です。土庫の旧称が「塗褲」であることから、土庫順天宮の天上聖母は「塗褲媽」と呼ばれています。 清の順治年間(1644-1661年)の創建で、道光14年(1834年)に前殿が、咸豊元年(1851年)に後殿が、光緒2年(1876年)に右廂が増築されたと伝えられています。現在見られる廟の大部分は昭和11年(1936年)に改築されたものです。配置は手前から順に三川門、拝亭、正殿、後殿の順に並び、それらの間は檐廊(軒下の廊下)によって結ばれています。左右には龍虎門(左側の龍門と右側の虎門)と廂房(両側の部屋)が建っています。建物の至る所に有名な工匠の作品があり、芸術的、文化的にも重要な廟です。 後殿には「三十三番観音」が祀られています。日本統治時代、土庫順天宮は「古義真言宗台湾開教計画案」に加わり、昭和15年(1940年)に観音像を迎え入れて祀りました。この仏像は日本統治時代の宗教政策とその展開を示しているのです。

發展源流

主要特色


三川門門扇のドアは、武道の将軍、宮娥、および宦官によって描かれています
三川門門扇のドアは、武道の将軍、宮娥、および宦官によって描かれています
清王朝の咸豊帝の2年目(1852年)に、マ・ロンルイは「ユアン・フェイユエ洞窟、魚が空に飛び込む」と書いた。
清王朝の咸豊帝の2年目(1852年)に、マ・ロンルイは「ユアン・フェイユエ洞窟、魚が空に飛び込む」と書いた。
本堂の神社の上に吊るされた銘板「朱西神源」は、清王朝の咸豊帝2年(1852年)に再建された寺院の遺物です。
本堂の神社の上に吊るされた銘板「朱西神源」は、清王朝の咸豊帝2年(1852年)に再建された寺院の遺物です。
後陣の明建神社は観音菩薩を祀っており、市庁舎の仏像の前には雲林県政府が発表した文化遺物「観音菩薩」があります。
後陣の明建神社は観音菩薩を祀っており、市庁舎の仏像の前には雲林県政府が発表した文化遺物「観音菩薩」があります。
本堂の右側にある堂は、文昌天皇、関盛天皇、風陽天皇を祀っています。
本堂の右側にある堂は、文昌天皇、関盛天皇、風陽天皇を祀っています。
メインホールの左側にあるホールは、3人の役人に捧げられています
メインホールの左側にあるホールは、3人の役人に捧げられています
メインホールは聖母マリアを崇拝します
メインホールは聖母マリアを崇拝します
本堂前には礼拝堂があります
本堂前には礼拝堂があります
時計や自動転送ディーラーによって送られた長い閉塞は、日本占領期の地元の商取引の発展を目撃しました
時計や自動転送ディーラーによって送られた長い閉塞は、日本占領期の地元の商取引の発展を目撃しました

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點