メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

竹山社寮紫南宮借金

竹山社寮紫南宮借金
 
南投竹山紫南宮は、地域社会におけるさまざまな福祉と建設工事の処理に取り組んでいます
文化財分類: 史跡
所在地: 南投県竹山鎮社寮里大公街40号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.72262,23.81715
指定機関: 南投県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

南投竹山紫南宮は清の乾隆10年(1745年)に建てられました。この地域は鄭氏政権時代にはすでに開拓が行われていたとの記録があります。漢人がこの地に入植した際、たびたび原住民から襲撃を受けたため、人心の安定のため、地元の長の提案で「竹脚崎土地公廟」が建設されました。その後、清の道光年間に「大公廟」と名を改め、咸豊5年(1855年)の改修後には正式に「紫南宮」と改称されました。 竹山社寮紫南宮には、「石頭公」、「金銭の亀」、「双蛇護廟(2匹の大蛇が廟を守る)」、「小龍会(蛇の会合)」といった神様の霊験に関する不思議な伝説が数多く残されています。なかでも有名なのが土地公から事業資金を借りる風習です。その起源は、戦後の復興期に紫南宮が住民を助けるために融資をしたことに始まります。この「借金」活動は台湾全土に広がり、有名な「神明銀行」(神様の銀行)となりました。紫南宮は地域の教育、高齢者介護、コミュニティの発展も非常に重視しています。住民の信仰に応えるため、長年にわたりこれらの事業の支援を続けており、社会の安定に寄与する、よき信仰の模範となっています。

發展源流

主要特色


竹山鎮南寺はお香や観光客でいっぱいで、テーブルは賛辞、金の紙、果物の花のバスケットでいっぱいです。 春節の期間中は、時々お金のお母さんが送られてきますし、お金のお母さんを迎えるのに長い行列ができることが多く、とても賑やかで熱狂的です
竹山鎮南寺はお香や観光客でいっぱいで、テーブルは賛辞、金の紙、果物の花のバスケットでいっぱいです。 春節の期間中は、時々お金のお母さんが送られてきますし、お金のお母さんを迎えるのに長い行列ができることが多く、とても賑やかで熱狂的です
筊を持って土地の大衆に敬礼し、名前、居住地、そして心の中で祈る願いを伝えてから、筊を投げます。反対は聖なる筊です。
筊を持って土地の大衆に敬礼し、名前、居住地、そして心の中で祈る願いを伝えてから、筊を投げます。反対は聖なる筊です。
信者が戻るために使用できる黄金のオンドリ。 ひげを生やした後、登録事務所に行ってゴールデンルースターに登録し、3,600元の手数料を支払います。家に持ち帰った後は、毎日ゴールデンルースターの前にお茶を置くことを忘れないでください。次回、ジナンに戻るときは宮殿、あなたはそれをジナン宮殿に戻し、香炉を一周して、祝福され続けることができます
信者が戻るために使用できる黄金のオンドリ。 ひげを生やした後、登録事務所に行ってゴールデンルースターに登録し、3,600元の手数料を支払います。家に持ち帰った後は、毎日ゴールデンルースターの前にお茶を置くことを忘れないでください。次回、ジナンに戻るときは宮殿、あなたはそれをジナン宮殿に戻し、香炉を一周して、祝福され続けることができます
農業社会では、鶏は財源の継続を表しており、鶏は産卵し、卵は鶏を産み続けます。そのため、寺院の前には人々が愛撫するための金色の雄鶏の像があります。富、幸運、そして平和。
農業社会では、鶏は財源の継続を表しており、鶏は産卵し、卵は鶏を産み続けます。そのため、寺院の前には人々が愛撫するための金色の雄鶏の像があります。富、幸運、そして平和。
信者が購入できる金の紙で折りたたまれ、お香と銀は自由に使えます
信者が購入できる金の紙で折りたたまれ、お香と銀は自由に使えます
ローンと返済を専門とするコンピューター化されたサービスオフィス
ローンと返済を専門とするコンピューター化されたサービスオフィス
ゴールドシーク手順の指導手順、各人は賭けを投げる6つのチャンスがあります
ゴールドシーク手順の指導手順、各人は賭けを投げる6つのチャンスがあります
多くの借り手が金のかまどに線香を入れました。土地が約束されたら、赤い封筒を金のかまどに通すことを忘れないでください。
多くの借り手が金のかまどに線香を入れました。土地が約束されたら、赤い封筒を金のかまどに通すことを忘れないでください。
紫南宮のメインホールは、公式の帽子をかぶった福德正神の像を崇拝しています
紫南宮のメインホールは、公式の帽子をかぶった福德正神の像を崇拝しています

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點