メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

朝陽宮

朝陽宮
 
朝陽宮は草屯地域で最も歴史の古い媽祖廟
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 南投県草屯鎮北投里9隣史舘路223号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.66451,23.98341
指定機関: 南投県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

南投県朝陽宮は草屯地域で信仰されている重要な廟の一つです。草屯は元は草靴墩(草鞋の小山)と呼ばれ、南投一帯と西部平野を結ぶ主要街道に位置する、南投で最もにぎやかな街の一つでした。清の道光年間に著された『彰化県志』の南北投堡(南投堡と北投堡)の項目に、北投街と呼ばれる繁華街があり、新旧の街に分かれていたことなどが記されており、当時の様子を知ることができます。 清代に草屯には洪・林・李・簡の四大家族が移民し、力を合わせて開拓を行いました。朝陽宮の建設も彼らが呼びかけたもので、清の嘉慶年間に完成しました。その後も100年にわたり、絶えず改修が行われ、現在の姿となっています。廟内には建設当時の歴史を伝える貴重な文化財が数多く残されており、地域の人々は朝陽宮の当時の繁栄を知ることができます。2009年には南投県の歴史的建造物に登録されており、 「泰山石敢当」、「北投旧街」、県の指定古跡「登瀛書院」と並んで、草屯地域の重要な文化遺産です。

發展源流

主要特色


三川館を一望すると、尾根の上には切り抜きや貼り付けが多く、真ん中の尾根をテーマに、三人の不死者を守る双龍が描かれています。
三川館を一望すると、尾根の上には切り抜きや貼り付けが多く、真ん中の尾根をテーマに、三人の不死者を守る双龍が描かれています。
後陣には、中央神社の上の図から、両側の模様や神のテーブルまで、多くの石の洗浄作業があります。
後陣には、中央神社の上の図から、両側の模様や神のテーブルまで、多くの石の洗浄作業があります。
観音菩薩の神社の上にある「ファドゥから東営」のプラークと本堂の「デプが山に入る」のプラークは、どちらも清咸豊時代に捧げられました。
観音菩薩の神社の上にある「ファドゥから東営」のプラークと本堂の「デプが山に入る」のプラークは、どちらも清咸豊時代に捧げられました。
後陣は、1960年代に新しく建てられた2階建ての寺院の建物です。
後陣は、1960年代に新しく建てられた2階建ての寺院の建物です。
本堂にある石洗い台と石香炉です。もともとはマズ炉でしたが、現在はフエ炉になっており、大光時代にヘレ協会から指定された古物として刻印されています。どちらも寺院の重要な文化的遺物です。
本堂にある石洗い台と石香炉です。もともとはマズ炉でしたが、現在はフエ炉になっており、大光時代にヘレ協会から指定された古物として刻印されています。どちらも寺院の重要な文化的遺物です。
本堂の「水・徳・天」と「山に入るデプ」の二つの飾り板は、清朝の朝陽宮に建てられた重要な文化財です。
本堂の「水・徳・天」と「山に入るデプ」の二つの飾り板は、清朝の朝陽宮に建てられた重要な文化財です。
「萬國咸靈」の本堂にある楯は、大正13年(1924年)に再建された首相兼副首相に捧げられた楯でした。
「萬國咸靈」の本堂にある楯は、大正13年(1924年)に再建された首相兼副首相に捧げられた楯でした。
扉には三川堂の絶妙な扉神画、神殿の聖域を守る扉神が描かれており、両側の描かれた人物にも縁起の良い意味を表す模様がたくさん描かれています。
扉には三川堂の絶妙な扉神画、神殿の聖域を守る扉神が描かれており、両側の描かれた人物にも縁起の良い意味を表す模様がたくさん描かれています。
三川ホールの眺め、両側の窓には木彫りが施され、下のスカートと石獅子は寺院の絶妙な芸術作品です
三川ホールの眺め、両側の窓には木彫りが施され、下のスカートと石獅子は寺院の絶妙な芸術作品です

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點