メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

草屯燉倫堂

草屯燉倫堂
 
草屯燉倫堂は古風でありながらも清潔に保ち、荘厳な雰囲気が漂う
文化財分類: 史跡
所在地: 南投県草屯鎮加老里加老路364号
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.65466,24.00073
指定機関: 南投県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

清の雍正年間から嘉慶年間にかけて福建省漳州府漳浦県から移住した洪氏一族は、移住した時期によってそれぞれ「和蒼」、「性植」、「敦樸」の3大家系を形成しました。そのうち、敦樸派の第6支族と第7支族が資金を出し合って清の道光4年(1824年)に建設した燉倫堂は、以来、大規模な改修の記録もなく、現在でも初期の閩南地方の伝統的な四合院様式の家祠建築がそのまま残っており、素朴な雰囲気が漂っています。 燉倫堂の建物は、抬梁式と擱檁式の混合という簡易的な民家の構造を採用しています。柱頭のエンタシス、瓜筒、斗、ひさしの斗拱など、構造材のディテールは、ルーツである漳浦の様式とほぼ一致しています。建材の多くに地場材料が用いられていますが、とりわけ独特なのは福建省漳州西南から広東省東地域の建築に広く見られる黒レンガと灰瓦が用いられていることです。これは、中国の他の地域とは明らかに異なるもので、この地域独特のスタイルを形成しています。燉倫堂は、今でも古いしきたりにしたがって春と秋に祭礼が行われています。また、故郷の建築様式、装飾芸術の保存状態も非常に良好です。ここを訪れれば、台湾移民の開墾の歴史とその文化を知ることができるでしょう。

發展源流

主要特色


ダンルンタンの外壁の一角は特に低い場所にあり、外からは都心の様子を見ることができます。
ダンルンタンの外壁の一角は特に低い場所にあり、外からは都心の様子を見ることができます。
本堂中央神社
本堂中央神社
「陰陽魏魏」の飾り板は、香港家の子孫が祖先を思い出し、進歩に努めることを奨励するために、1980年代に祖先ホールの管理者によって提示されました。
「陰陽魏魏」の飾り板は、香港家の子孫が祖先を思い出し、進歩に努めることを奨励するために、1980年代に祖先ホールの管理者によって提示されました。
道光時代の塗られた扉の神
道光時代の塗られた扉の神
戸枠共同タイトル「百世代の服、長くて美しい、何千年もの風景と永遠の王朝」
戸枠共同タイトル「百世代の服、長くて美しい、何千年もの風景と永遠の王朝」
「ダンルンタン」の本
「ダンルンタン」の本
メインホールはオープンホールで、ホールの左右に3つのリンクと5つのメロンがあります。
メインホールはオープンホールで、ホールの左右に3つのリンクと5つのメロンがあります。
伝統的な赤い寺院の黒い祖先の家の外観
伝統的な赤い寺院の黒い祖先の家の外観
正面玄関は4本の柱と11個のフレームがあり、正面のコーニスは2層で片手で、4点金の柱の正面の金の柱が玄関口として使用されています。
正面玄関は4本の柱と11個のフレームがあり、正面のコーニスは2層で片手で、4点金の柱の正面の金の柱が玄関口として使用されています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點