メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

北斗普度公壇

北斗普度公壇
 
北斗普度公壇は間口が1開間(柱が2本立つ幅)で、拝亭つきの単進(1棟のみ)建築となっている
文化財分類: 歴史的建造物
所在地: 彰化県北斗鎮五權里光復路54号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.52463,23.87069
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化県北斗普度公壇は台湾では数少ない普度公神像を主神として祀る廟です。普度公とはいわゆる大士爺と呼ばれている神様で、台湾の民間信仰では観音菩薩の化身とされています。人々は普度の際に、普度の法会がつつがなく行われるよう普度公の加護を祈ります。 北斗普度公壇は清の嘉慶3年(1798年)に建てられたと伝えられ、大正7年(1918年)に近隣の火事の延焼によって焼失し、再建されました。1948年にも改築が行われ、1963年には三川門の外に拝亭が増築されて、今日の姿となっています。 廟内には普度公、地蔵菩薩、城隍尊神、福徳正神等の冥界を司る神が祀られています。毎年、旧暦7月28日の普度公の誕生日には普度が行われます。これは北斗鎮4大普度行事の一つに数えられています。

發展源流

主要特色


福德正神の像には、台湾の民俗信仰で富の神と見なされているインゴットがあります。
福德正神の像には、台湾の民俗信仰で富の神と見なされているインゴットがあります。
北斗普度公壇の本堂の構造壁はレンガでできています
北斗普度公壇の本堂の構造壁はレンガでできています
本堂の屋根はチューブタイルで覆われ、屋根の棟にはカラーマグネットが貼り付けられています
本堂の屋根はチューブタイルで覆われ、屋根の棟にはカラーマグネットが貼り付けられています
サイドドアリーフは、タイガーグループのかまどやコウモリがドアに刻まれた縁起の良い模様の単一の格子ドアです。
サイドドアリーフは、タイガーグループのかまどやコウモリがドアに刻まれた縁起の良い模様の単一の格子ドアです。
真ん中のドアのドアの葉は、罰部門と報酬部門によって描かれています
真ん中のドアのドアの葉は、罰部門と報酬部門によって描かれています
1964年に彰化県の元治安判事であるLuShimingによって刻まれた寺院
1964年に彰化県の元治安判事であるLuShimingによって刻まれた寺院
この寺院の主な崇拝の神は、地蔵菩薩の菩薩に捧げられたプドゥ・ゴンワイであり、地元の重要なジャオトウ寺院でもあります。
この寺院の主な崇拝の神は、地蔵菩薩の菩薩に捧げられたプドゥ・ゴンワイであり、地元の重要なジャオトウ寺院でもあります。
主な崇拝者はプーズー(中央)であり、地蔵菩薩、菩薩神、フーデ・チェンシェンがいます。
主な崇拝者はプーズー(中央)であり、地蔵菩薩、菩薩神、フーデ・チェンシェンがいます。
座席は、近くの人々の休憩所であることが多い北斗普度公壇の前に配置されています
座席は、近くの人々の休憩所であることが多い北斗普度公壇の前に配置されています

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點