メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

鹿港新祖宮

鹿港新祖宮
 
今日見られる鹿港新津宮殿は1974年に再建されました
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県鹿港鎮洛津里埔頭街96号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.43136,24.05824
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化の鹿港新祖宮の創建は清の乾隆51年(1786年)林爽文の乱に遡ります。一揆が拡大すると、清の朝廷はフカンガ将軍(福康安、1754-1796年)を鎮圧に送りました。フカンガの軍は福建省泉州府恵安崇武澳から台湾に渡り、鹿港から上陸しました。林爽文の乱の後、朝廷は鹿港の広い場所を選んで、媽祖宮を建てることにしました。経費の大部分は政府が支出し、残りは日茂行(地元の大手貿易商)が寄付して、乾隆53年(1788年)に完工し、神像が安置されました。鹿港にはすでに天后宮があったため、新しい天后宮は「新媽祖宮」、略して「新祖宮」や「新宮」と呼ばれ、後には主に「新祖宮」とだけ呼ばれるようになりました。 今日の建物は1955年と1974年の改築によるもので、奥に向かって山門、廟埕(広場)、拝亭、正殿と並び、広場の龍側(正殿に向かって右側)には2階建てのコンクリート造の聖徳楼が、虎側(正殿に向かって左側)には金炉と石碑が立っています。

發展源流

主要特色


寺院の外に左から右に並んで立っている石碑は、清朝の道光帝14年目の「乾隆帝の石碑の再建」、11年目の「寺院の石碑の再建」です。清朝の嘉慶帝、乾隆帝53年、乾隆帝57年の「天ホウ宮殿の石碑」天ホウ宮殿の石碑天山石碑
寺院の外に左から右に並んで立っている石碑は、清朝の道光帝14年目の「乾隆帝の石碑の再建」、11年目の「寺院の石碑の再建」です。清朝の嘉慶帝、乾隆帝53年、乾隆帝57年の「天ホウ宮殿の石碑」天ホウ宮殿の石碑天山石碑
拜亭のフレームは3つのリンクと5つのメロンです
拜亭のフレームは3つのリンクと5つのメロンです
辜顕栄翼が贈ったプラーク「首相の修理」
辜顕栄翼が贈ったプラーク「首相の修理」
清王朝乾隆帝53年(1788年)にフカンガンが贈った「ホウ・デ・ゼティアン」のプラーク
清王朝乾隆帝53年(1788年)にフカンガンが贈った「ホウ・デ・ゼティアン」のプラーク
三人の役人を祀るズオジマ神社
三人の役人を祀るズオジマ神社
右の神社は、レルムマスターとドラゴンキングを祀っています
右の神社は、レルムマスターとドラゴンキングを祀っています
清王朝の同治帝8年(1869年)には、千里眼と風耳がジン将軍と劉将軍と名付けられたため、新しい先祖代々の宮殿の千里眼が頭をかぶった。
清王朝の同治帝8年(1869年)には、千里眼と風耳がジン将軍と劉将軍と名付けられたため、新しい先祖代々の宮殿の千里眼が頭をかぶった。
新祖宮に祀られているジェンディアン寺院のマズ像は、やわらかい体の像です。
新祖宮に祀られているジェンディアン寺院のマズ像は、やわらかい体の像です。
「清朝乾隆帝によって建てられた南京天妃宮」と、礼拝堂の上に吊るされた真ん中の扉にある二行連句「ゾフカンガン」は、どちらもルカン新朱宮の創設の歴史を物語っています。
「清朝乾隆帝によって建てられた南京天妃宮」と、礼拝堂の上に吊るされた真ん中の扉にある二行連句「ゾフカンガン」は、どちらもルカン新朱宮の創設の歴史を物語っています。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點