メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

鹿港地蔵王廟

鹿港地蔵王廟
 
民間では珍しく地蔵菩薩を主神とする廟
文化財分類: 史跡
所在地: 彰化県鹿港鎮街尾里力行街2号
登録告示年月日: 2021/09/23
経緯度: 120.43697,24.04833
指定機関: 彰化県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

彰化の鹿港地蔵王廟は民間では珍しい地蔵菩薩を主神とする廟です。鹿港八郊(「郊」とは清代の地域型商業ギルド組織)及び地元の名士が鹿港天后宮を改築した際に寄付金の一部で改修されました。ここには、清の嘉慶8年(1803年)に造られた地蔵菩薩像、清の光緒4年(1878年)の「天竺尊厳」の扁額、三川殿虎辺壁にある嘉慶23年(1818年)の「重興敬義園捐題碑記」など、貴重な文化財が現存しています。 地蔵菩薩は台湾ではよく信仰されている神様で、特に鹿港ではたいへん重視されています。祭祀の面では地蔵王廟は典型的な民間信仰の廟であり、宗教の属性としては明・清時代以来の地蔵信仰が混合していることが特徴です。鹿港には「北に天后宮あり、南に地蔵王廟あり」という言葉があり、鹿港の南北が天と地を司るという集落の信仰を表しています。これは鹿港の移民、商人、宗教、信仰、社会教育事業と密接に関係しており、歴史的にも非常に貴重な場所なのです。

發展源流

主要特色


山の10のホールは、ルガンディザン王寺の左右のホールに祀られています。写真は、辺程王、秦王、市の王、平等の王、車輪の王、雄牛の頭、馬の右のホールを示しています。ミアン、そして土地の主と他の神々
山の10のホールは、ルガンディザン王寺の左右のホールに祀られています。写真は、辺程王、秦王、市の王、平等の王、車輪の王、雄牛の頭、馬の右のホールを示しています。ミアン、そして土地の主と他の神々
大正5年(1915年)に本堂の木彫りのテーブルが信者に寄贈されました。テーブルには悟りの意味を込めた15の模様が刻まれています。上では、地蔵菩薩、道明僧、ミンゴング、ゴングカオ、インゴング、インポーなどの神々を崇拝します。
大正5年(1915年)に本堂の木彫りのテーブルが信者に寄贈されました。テーブルには悟りの意味を込めた15の模様が刻まれています。上では、地蔵菩薩、道明僧、ミンゴング、ゴングカオ、インゴング、インポーなどの神々を崇拝します。
鹿港地蔵王廟の本堂の写真古い赤レンガと柱が調和し、全体がシンプルで荘厳な雰囲気になっています。
鹿港地蔵王廟の本堂の写真古い赤レンガと柱が調和し、全体がシンプルで荘厳な雰囲気になっています。
三川館にはアゲハチョウの棟屋根が4つ、礼拝堂には雪山屋根があり、本堂にはワンストップ屋根があります。
三川館にはアゲハチョウの棟屋根が4つ、礼拝堂には雪山屋根があり、本堂にはワンストップ屋根があります。
麻と塗られた扉の神のある三川門
麻と塗られた扉の神のある三川門
清王朝の光緒4年(1878年)の「天竺の尊厳」の飾り板
清王朝の光緒4年(1878年)の「天竺の尊厳」の飾り板
清朝嘉慶帝23年(1818年)に設立された「崇信京義庭園寄贈・言及錠」
清朝嘉慶帝23年(1818年)に設立された「崇信京義庭園寄贈・言及錠」
清朝嘉慶帝7年(1802年)に市王の像から発掘された春の牛の写真。 春の牛の写真は、農村社会の農家がその年の二十四節気を育てて理解するためのものです
清朝嘉慶帝7年(1802年)に市王の像から発掘された春の牛の写真。 春の牛の写真は、農村社会の農家がその年の二十四節気を育てて理解するためのものです
地蔵菩薩神への主な崇拝は200年以上の歴史があります
地蔵菩薩神への主な崇拝は200年以上の歴史があります

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點