メインコンテンツエリアへ直接移動する
:::
ホームページ

中港慈裕宮洗港

中港慈裕宮洗港
 
中港渓の河口で無念の死を遂げた犠牲者の魂を海まで運び、最後に金紙を燃やすと祭江・洗港の儀式が終わる
文化財分類: 民俗文化財
所在地: 苗栗県竹南鎮中港溪口
登録告示年月日: 2021/09/22
経緯度: 120.86374,24.68253
指定機関: 苗栗県

指定/登錄理由

特色あるナビゲーショ

洗港は苗栗の中港地域における独特な伝統行事です。慈裕宮三媽祖が中壇元帥と光明宮の玉皇太子を率いて市中を巡回します。端午節(旧暦5月5日)の午前に廟を出発し、主要な橋のたもとや交差点などを通過しながら72歩ごとに1枚ずつおふだを貼っていきます。これは、神兵や神将が要所を守るという意味があります。 午後1時からは祭江・洗港の儀式が始まります。大神輿や山車に乗った各廟の主神が慈裕宮前の広場に集まり、竹南后厝龍鳳宮、小橋公、西門橋、海口尾橋、射流溝、竹南永蓮寺、水門橋、大衆廟などのルートを練り歩き、各交差点や橋で厄払いの儀式を行います。そして、灰寮溝と中港渓の合流点に、三媽祖、中壇元帥、玉皇太子など合わせて5体の神像の青竹符(竹の将兵)で宿営地をつくります。これは水路の悪霊が悪さをしないよう、神様が兵を遣わして守らせるという意味があります。この儀式は2時間ほどかかります。

發展源流

主要特色


川を犠牲にして港を洗う儀式は紙幣の焼却で終わりに近づいており、善良な兄弟たちが後を追って慈峪宮殿に到着するまで立ち去るのを嫌がるのを避けるために、前線は死ぬ必要があります。
川を犠牲にして港を洗う儀式は紙幣の焼却で終わりに近づいており、善良な兄弟たちが後を追って慈峪宮殿に到着するまで立ち去るのを嫌がるのを避けるために、前線は死ぬ必要があります。
竹南地域の様々な宮殿や寺院が式典を支援するために中港川の河口に行きました
竹南地域の様々な宮殿や寺院が式典を支援するために中港川の河口に行きました
仮祭壇の前では、残念ながら殺されたり、ここにとどまって出国を拒否された人々に敬意を表して、さまざまな供物が用意されていました。
仮祭壇の前では、残念ながら殺されたり、ここにとどまって出国を拒否された人々に敬意を表して、さまざまな供物が用意されていました。
港の清掃チームの通過に参加して、宮殿の友の寺院が祭壇に報告するようになり、式典会場は混雑しており、竹南地域が港の清掃式を非常に重視していることを示しています。
港の清掃チームの通過に参加して、宮殿の友の寺院が祭壇に報告するようになり、式典会場は混雑しており、竹南地域が港の清掃式を非常に重視していることを示しています。
中丹元帥は、香港の洗浄チームを守るために5つの大隊を率い、洗浄式で慈峪宮殿の3番目の母親と中丹元帥を支援しました。
中丹元帥は、香港の洗浄チームを守るために5つの大隊を率い、洗浄式で慈峪宮殿の3番目の母親と中丹元帥を支援しました。
中港慈裕宮の中央祭壇の元帥は、出発する前に軍隊と将軍を派遣する式典を行います。
中港慈裕宮の中央祭壇の元帥は、出発する前に軍隊と将軍を派遣する式典を行います。
港の洗浄式の前に、寺院の代表者と参加者がプロセスと注意事項を説明します
港の洗浄式の前に、寺院の代表者と参加者がプロセスと注意事項を説明します
洗浄に参加した光明宮の王子が慈峪宮殿に報告のために来た後、彼は慈峪宮殿の洗浄に参加するために出発する前に、法令を表すために慈峪宮殿の天の聖母のトークンを受け取る必要。
洗浄に参加した光明宮の王子が慈峪宮殿に報告のために来た後、彼は慈峪宮殿の洗浄に参加するために出発する前に、法令を表すために慈峪宮殿の天の聖母のトークンを受け取る必要。
竹南鎮の寺院は慈峪宮に来て、注文を報告し、香港の洗濯式に参加する準備をしました。
竹南鎮の寺院は慈峪宮に来て、注文を報告し、香港の洗濯式に参加する準備をしました。

周辺のデータ

氣象
交通
住宿
飲食
景點